FC2ブログ


もう・・・?

なんともう11月ですか?年取ったせいか日々の流れの早いこと・・・

この間、長年お世話になった踊りのお師匠さんがなくなられました。

とうとう独り立ちしなくてはならないですね。

離れてもずっと心のどこかで甘えている自分がいました。

ありがとうございました 先生 初心を忘れず百試千改していきます。

棺の先生の胸には美しい扇が抱かれていました。

きっとあちらで思いっきり、若いお姿で舞っていらっしゃることでしょう。
スポンサーサイト

大雨災害

思いがけない、いや、ちゃんと思っていなきゃいけないことなんだけど

物的にも人的にも大きな災害が起きました。

ありがたいことに高台に住まいがあって、うちは雨漏り程度の被害で済みました。

でも電話回線が不通になって身内と連絡が取れない不安、刻々と露わになる

被害の現実を目の当たりにして言葉を失いました。

近所や友達は被害を免れても、実家が大変な被害を受けたりということは

決して希なことではなく心を痛めています。


これから

お師匠様の引退に伴い、新たな指導者についてお稽古が始まった

お稽古している西川流日舞の社中を立ち上げた

義母が自分からデイ・サービスに通うようになって楽しそう・・・

いろんな意味で新しく道を拓いて歩んでいく時期のようです

新しい道の入り口に立つ

先週末、新しい指導者の先生による三日連続の集中お稽古がありました。

しばらくお稽古をつけていただくことができなかったので正直たのしかった。


実は私を長く導いてくださった踊りのお師匠さんが病にお倒れになり、

ご高齢のこともあって社中を引かれました。

これからもお稽古だけは少しづつでも見ていただこうと思っていましたが

事情が許さず、それができなくなりました。

また支部制になったのでその枠に入ってお家元の下でまとまる必要があります。

本部からこちらに通ってすでにご指導されている先生に見ていただくことになりました。

私は師範なので地区役員も任命されましたし、責任を持って前を向くことにしました。

お師匠さんには本当にお世話になりました。

これからの人生の楽しみと生きがいとなった一筋の踊りの道を歩ませていただき、

感謝の気持ちでいっぱいです。

お元気になられたら、少しでもいい踊り手になっているところをお見せしたい。

新しい先生はまた踊りも指導も違っていますが、しっかりと基礎をたたきこんでくださった

お師匠さんの踊りが消えることはありません。

ご恩を忘れずにお稽古を大切に精進していきたいと思っています。








好調カープ

続きを読む »