ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

永久のお別れ

私たち家族がこよなく愛したかわいいかわいい

ディル・ニャン・グレイくんが三日、天国に旅立ちました。

今日、葬儀・火葬を終えて見送り、少しだけ気持ちが落ち着いたような・・・

書き込みも億劫で心は重いですが記しておきたいので。

先週まで元気そうだったのだけど、実は腎炎に罹っていた・・・

早く気付いていれば、そして検査のできる良い病院にかわっていれば

誤診されることもなく、元気になってまたもう少し一緒にいれたのに。

私の優柔不断で死なせてしいました。

「しんどいのに一生懸命ごはんを食べて元気にみせていた

がんばりやさんだったんですね。」

最後にお世話になった獣医さんの言葉に涙しました。

私が帰ると玄関に出て来てくれたディルくん。

辛くて寝ていたんだろうにね・・・

なんて馬鹿なおかあちゃんだろう!ごめんね。

入院治療に賭けたけど、手遅れでした。

末期は抱きしめてあげて、ディルくんの大好きな

おかあちゃんの膝の上で逝かせたかったのにまにあわなかった。

13年6か月、うるおいと愉しい日々をありがとうね。

小さい体で尽くし切ってくれました。

みんなみんな愛し方はちがったけど大好きだったの。

きっとそれぞれ心に哀しみと喪失感を抱えながら

それでもディルくんのかわいい姿や思い出に癒されていくのでしょう。

でももう少し時間がかかりそうです。

いつか虹の橋で出会えたらディルくんはおかあちゃんを許してくれるでしょうか。

救急を受け付けて、一晩中治療を続けてくださった

東広島市の「もみじ動物病院」の先生がた、ありかとうございました。

綿密な検査と懇切丁寧なご説明がとても有り難く、信頼申し上げました。

危篤の連絡も先生自らお電話かけていたたきました。

最後に良い先生、病院に診ていただいたことが救いです。
スポンサーサイト

久しぶりに

この間ずっと変わりなく私の側で付き合ってくれたディル男くん。
ン~いつもよりよく甘えてくれたかなぁ・・・^^
なんとなく分かってたんでしょうねぇ。
で、ほんと久しぶりに写真に撮らせてくれたので     081022_222507.jpg  載せちゃいます。
で、以前は洗面台に飛び乗って蛇口から水を飲んでいたのですが
最近お風呂場の水が飲めることが分かってそっちに鞍替え。
年取って飛び上がるのが面倒になったのでしょうか~(笑)
ポタポタ蛇口から落ちる水をじっと見つめる・・・の図。  081103_125111.jpg
このあと水滴と格闘してましたよ。

猫もグダグダ

ま~毎日気温が34~35度なんて・・・
その昔小学生のころは統計グラフ全国コンクールなんてのがありまして
でべそな私も参加することになり、夏休みの間気温と湿度を記録したことが
あったんですよ。
でもね~30度なんて滅多なことではなかった。
今日は暑いね~と思っても28度~29度が最高でしたよ。
アレからン十年、5度は気温が上がっているってことでしょ?
5度ですよ!昨年考えても1~2度はちがうんじゃないかしらん。
夕立が昔は良くあったもんですが、それもない今です。
だから夜は熱帯夜、朝からもう28度なんてざら・・・
地方の盆地でさえこうだからコンクリートジャングルな都市ではどうなん?
って思います。
毎年梅雨時には丸刈りにするうちのディル男くん。080728_081902.jpg

今年はまだそのまんま・・・もうね~涼しいところ探して家の中を放浪・・・
もうグダグダです。ひっくり返ってあられもない格好で寝ています。
写真撮ったら『ウザ・・・』って顔されました(A^^;)

ああ、私に耐えられるのだろうか・・・

甲斐さんところのみんくちゃんが・・・
虹の橋の詩が書かれているのをみて心臓がドクンっって・・・
そんなに永い時を一緒に生きてこられたんですね。
同じように猫のディル男くんの居る生活を送っている私にとって
羨ましい時間の長さです。
この哀しいお知らせを読んでいる時、傍を尻尾をピンと上げて
通り過ぎていったディル男くん。
胸に悲しみが突き上げて痛くてたまらないよ。
もし君との別れが来た日、私はそれに耐えられるのだろうか。
静かに君を送ることが出来るだろうか・・・
君より前にいたチャマ君が居なくなったときの
あの家族の心の洞と底知れない淋しさはとても辛い思い出だから。

みんくちゃんが無事に虹の橋を渡れるように
その先で心静かに幸せのゆりかごで眠られますように祈っています。


喧嘩しました

いや誰あろう、うちのディル男くんとですよ~      080201_085454.jpg

今ね冬毛なものでアンダーコートもびっちりにもふもふのディル男くん。
もともとブラッシングが大嫌いときているもんで胸からお腹にかけてケダマン君がいくつも出来ています。
膝に乗ってまったりしているのをいいことに私、指でモソモソ解いていたんですよね。
ちょっとしつこかったらしく切れたディル男くん、手の甲をガブリと噛むや脱兎の如く逃げだした!
いってぇ~~~~!と叫びつつ思わず毛皮を鷲掴みしてオシリをぺっちんして
怒りまくるミモザ☆~x☆●□△*@#&
その剣幕におじけたヤツは逃げ去ったまま姿も見せず・・・何処に隠れたんだか。
台所に立つとノコノコ出て来て「ほとぼりは冷めたかな?」とばかりにご飯をおねだり・・・
そこでネチネチと「これ、これ見んさい!!痛かったんよぉ~」と傷を見せつつ責めると、
耳を倒して尻尾もまくりこみビビリながらすごすごと消え去るディル男くん(笑)
悪いことしたなぁってわかってるみたいにね。
いつも腕枕で寝るんですが結局その晩はちらとも姿を見せなかったですゎ。

それから何となく仲直りしたんですが居心地がお互いに悪いんですねぇ。
信頼関係損なっちゃったかもねぇ・・・脆いもんですよ。
でも永年一緒にいると猫も人間と同じですね。感情を理解してる。
やっぱり化け猫になっちゃうんでしょうか(爆)          080201_085233.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。