ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

新しい道の入り口に立つ

先週末、新しい指導者の先生による三日連続の集中お稽古がありました。

しばらくお稽古をつけていただくことができなかったので正直たのしかった。


実は私を長く導いてくださった踊りのお師匠さんが病にお倒れになり、

ご高齢のこともあって社中を引かれました。

これからもお稽古だけは少しづつでも見ていただこうと思っていましたが

事情が許さず、それができなくなりました。

また支部制になったのでその枠に入ってお家元の下でまとまる必要があります。

本部からこちらに通ってすでにご指導されている先生に見ていただくことになりました。

私は師範なので地区役員も任命されましたし、責任を持って前を向くことにしました。

お師匠さんには本当にお世話になりました。

これからの人生の楽しみと生きがいとなった一筋の踊りの道を歩ませていただき、

感謝の気持ちでいっぱいです。

お元気になられたら、少しでもいい踊り手になっているところをお見せしたい。

新しい先生はまた踊りも指導も違っていますが、しっかりと基礎をたたきこんでくださった

お師匠さんの踊りが消えることはありません。

ご恩を忘れずにお稽古を大切に精進していきたいと思っています。








スポンサーサイト

舞踊協会35周年公演

一年かけて曲目を決め、お稽古に励んできまして

先日本番を無事につとめることができました。

長唄 風流船揃(ふうりゅうふなぞろえ)という船の始まりから語る曲

その中でも隅田川を行き交う数々の船のさまを

江戸情緒たっぷりに歌った場面を踊りました。

久しぶりの本衣装、白塗りの本化粧に前割れの鬘でしたよ~^^

実はこの舞台が控えていたためお稽古やらで落ち着かず

カープのリーグ優勝も、日本シリーズも熱狂しながら応援してましたが

ブログで叫ぶことができないでいました~(笑) まぁ、いまさらなので

あえて叫びませんが…ふう・・・

前日のリハーサルは緊張気味で、いつもは落とすこともないところで

扇を落としそうになりましたわ。

何しろこのホールができたばかりで、初めての出演で、様子がわからないわ

本衣装を着つけてもらうわ舞台の位置取りがわからないわで。

すごく心配したけれど、なぜか本番は腹が据わったんですね~

後見さんが出る前に『粋ないい曲ですよね~』と声をかけてくださったからかな

見に来てくれた人たちから『よかった』といっていただいてほっとしました。

いやちゃんと踊れなかったところもいくつかあるし、一番かっこいいところが崩れたし

けして満足のいく踊りではなかったのだけど、痛みで杖をついていた時を

ご存じのみなさまが『全然不自由を感じなかった、座れたのでビックリした』と

とても喜んでいただいたのがとてもうれしかったです。

これからも年配のお弟子さんたちと細く長く続けていく自信ができました。

開催のためにお稽古も後回しで走り回って準備していただいた役員メンバー、

好きなことをさせてくれ、見守ってくれた家族に感謝いたします。


やらなきゃね

今日は同じ西川流の発表会を観に行きました。

最近は歌謡舞踊~新舞踊の会が多いのですが

今回は古典の曲が多く、見ごたえがありました。

新舞踊ばかりをやっていると気をつけないと踊りが緩んでしまいます。

きちっと基本に返って厳しく深いお稽古をしなくては・・・

と今日は思いました。

まだまだひよっこなんですからね~偉そうなことは言えません。

先輩と一緒に初めての曲に挑戦しよう!

まだまだ完全ではない脚ですがね、好きってことは強いわ。

お休み

今日明日は大阪のお師匠さんのお稽古の日。

しかし、風邪が結構きびしくて

なかなか全快しないものだから

大事な先生方にうつしちゃった!・・・なんて

ことになったら大変なので
お休みすることにしました。

西川流の宝になにかあってはなりません。

毎回お会いできるだけでも
ありがたく嬉しい先生なのですよ~

踊りを間近で見せていただく貴重な時間。

歌詞や音楽を深く感じ、理解し、

踊りに昇華された振り付けの素晴らしさ・・・

元気になってまたがんばりますわ~

やっと復活

いえ~い…というまではいかないないですが何とか動けるようになりました

ブロック注射と錠剤が効いてなんとか無事舞台を務めることができ

お客さんも痛いのが「わからなかった」そうで、まぁそれだけで大成功かな。

ただ薬が切れた後の反動が大きくて、やっと昨日ぐらいからうごけるように・・・

やっぱり無理しちゃったんだなと辛かったけど、痛みのない二日間は本当にうれしかったなぁ。

近いうちに人工関節になるだろうから体重を落として体調を維持していこうと思っています。

お弟子さんもがんばりました。ほかの出演者からいくつか言葉を言われたみたいですが

嫉妬を受けるようになったら一人前ですよ。

歌にしても踊りにしても芝居にしても表現者の世界はそんなもの。

でもね~人を落として自分を上げることなんかできゃしません。

澄んだ心で真摯に精進して自分を高めていくしかない世界ですもんね。

人を教えていくことにも自信を持たせてくれたお弟子さんに感謝です。

一休みしてまた歩み始めるつもりです。マイペースで。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。