ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

鯉声会公演

ま~っ新幹線のぞみ自由席は行きも帰りもいっぱいでした。

幸いなことに途中こだまに乗り換えたら貸切状態でしたが大丈夫なのかな~

それはともあれ、大変盛況でした、師匠の踊り公演会。

古典の数々を何と11時から19時までみっちりたっぷりとお尻を痛くしながら

楽しみ勉強させていただきました。

師匠作舞の踊りは本当に抒情あふれる世界を構築していて素敵でした。

深い知識と経験、踊に対する姿勢、感性の鋭さ豊かさ…それら重なり合う多くが

泉のように湧き出でてきます。

また師の舞の美しさ!!今回四曲の踊りにご出演でしたがそのいずれも立役。

抑制のきいた振付と舞姿は奥深くてかっこよかった~

連れ舞、二人舞なのでその力の差は歴然…師を超えられる人は当分出てこまいと思います。

そんな鯉右師の指導を受ける道をいただいたことを感謝し、精進しなければと

改めて感じました。

足腰の傷みは徐々に進んでいますけれど、大事にゆっくりと歩んでいきたい。

たとえ舞台には立てなくなっても道は進んでいけると思うので。

師も大きなけがを乗り越え、指導者として道を進んでいらっしゃるのだからね。

良い舞台を見ることは我が身を振り返って見直すことができ啓発され励まされます。

気持ちも新たに頑張りたいです。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/1014-598795ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。