ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

2014CARP 引退

野村謙二郎監督横山竜士投手

監督は今年優勝をめざす最後の戦いとして勝って退くつもりだったのでしょう。

何となく感じていたのが現実となってしまいました。

最後の采配となるクライマックスステージを思いっきり戦ってほしい

心は共に戦いますよ~

横山投手を引退の挨拶へと紹介した時、声が揺らいだのを知っています。

戦いに対してはもちろん、選手に対しての熱い気持ちを感じました。

横山投手の引退セレモニー

私、初めて泣きましたよ。

ご家族で抱き合って涙する姿に、どれだけの強い思いでどれだけの努力をされてきたのか

わかるような気がしました。

プロになる以上にプロであり続けることが難しいのだと・・・

そしてマウンドに横山投手を導く選手たちの姿と

力強く倉捕手のミットめがけて最後の一球を投げ込むのを目にしたとき

一気に涙が決壊しちまいました。

このセレモニーはすべてサプライズだったそうです

ほんといいチームだよなぁ

できればずっとカープに関わっていてほしい。

その経験と技術と精神を若手に伝えていってほしいと願います。

お二人とも本当にお疲れ様でした。

そしてそのプレーで私たちを楽しませ、鼓舞してくださってありがとうございました。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する