ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

新しい道の入り口に立つ

先週末、新しい指導者の先生による三日連続の集中お稽古がありました。

しばらくお稽古をつけていただくことができなかったので正直たのしかった。


実は私を長く導いてくださった踊りのお師匠さんが病にお倒れになり、

ご高齢のこともあって社中を引かれました。

これからもお稽古だけは少しづつでも見ていただこうと思っていましたが

事情が許さず、それができなくなりました。

また支部制になったのでその枠に入ってお家元の下でまとまる必要があります。

本部からこちらに通ってすでにご指導されている先生に見ていただくことになりました。

私は師範なので地区役員も任命されましたし、責任を持って前を向くことにしました。

お師匠さんには本当にお世話になりました。

これからの人生の楽しみと生きがいとなった一筋の踊りの道を歩ませていただき、

感謝の気持ちでいっぱいです。

お元気になられたら、少しでもいい踊り手になっているところをお見せしたい。

新しい先生はまた踊りも指導も違っていますが、しっかりと基礎をたたきこんでくださった

お師匠さんの踊りが消えることはありません。

ご恩を忘れずにお稽古を大切に精進していきたいと思っています。


新ブログへここから







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。