ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

そういえば・・・

先日放送された「Death Note
実は近くのシネコンでも前編が上映されているのだけど、ちょうど巧い具合に放送を見ることが出来ました。
なにか原作とはちがうらしいけど面白かったなぁ。原作知らんのです。
マンガ大好きなんですけど何気に避けて通ってたのね。

で、HDDに録画していたんで、昨日娘と一緒にじっくり見返しちゃいましたよ。
「面白かった」っていうのはちょっと不謹慎かなと思えるような話なんですよね。
でもね、この「Death Note」の存在って人間一度は考えたことあるんじゃないかしら。
あるいは、考えただけで人を抹殺出来る力とかね。
こういうとき自分の悪魔的な部分を認識させられてしまうね。
サイフリートはあながち虚言を語ったのではないと。
「言霊」ってあるじゃないですか?
言葉にした時それは既に命を持ち力を持って息づいていく。
呪いの言葉が命を持ったとしたら・・・
だからこそ意識的に生きていかなくてはと思い直すミモザです。

あのね、実はリュークが結構好き(爆)
なんか可愛い・・・(;^^A)



スポンサーサイト

Comment

小さい頃から母から言われてた事があるんです。
それは、汚い言葉や恨みの言葉を吐くと口から黒い煙になって出てくるって・・・。
だから怖くって(^_^;)
未だにトラウマ?(使い方いいのかな?)になってて、言ってしまった後は「ごめんなさい」してます(笑)言葉は怖い!
でも「Death Note」は面白かったです(途中からしか見てませんが)
芯からの悪人はいないと信じてる私ですが自分を制御できない弱い人間が多いですね。
サイフリートに反応した私でしたっ!(爆)

で、リュークってだれでしたっけ?(>_<)
2006.11.02 11:11 | URL | 魅由貴 #iaa7AtqM [edit]
そうなんですね~
言葉は怖いですよね。思いとはちがうことになっちゃったり、誤解されたり。
言ったとおりになった時の恐怖ときたら・・・
私は「鶴亀鶴亀」といったりしますが汚い言葉や恨み言は絶対自分に還って来るんですよ。お母様はえらいですっ。
リュークは夜神にくっついてる死神です。
確かリュークだったよね。
2006.11.02 11:28 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
私も面白いと思いました
昔だったらちょっと欲しいな、って思ったかもしれませんが^_^;…今は欲しくないなぁ~と思ったり
悪人はこの世からいなくなっていいんじゃないか?と思うこともありますが…自分のせいで死んでしまう、という重圧には耐えられません(そこかよ!?)
人間は他人の命は勿論、自分の命も自らどうこうしてはいけないわけで…
それぞれがその点を押さえていれば、不幸な出来事もなくなるんじゃないかなぁ~

なんか話がズレてるような…(>_<)

シリアス演技の藤原竜也さんとのアンバランスさがいいですね(笑)、リュークとやら…
後編、早く観たいですぅ~っ!でも映画館に行くほどか…迷いますが(爆)
2006.11.02 23:53 | URL | yuppe #- [edit]
「Death Note」私持ってます。
ゲーセンで取ってもらったものなので効果はありませんが(笑)
しかも日記帳に使っている私はどーなのよぉって感じです(爆)
原作ファンでしたが、月くんは藤原さんいい感じで似合っていました。そしてCGのリュークもおおっ~って感じでお見事だったと
思います。
続編は原作とちょっと違うみたいなので楽しみです!!
そして言葉は言霊を持つモノ。わかります。
私はキモチを言葉で表すことが文才が無いので苦手ですが。。。
素直なキモチで言葉は紡いでいきたいと思っています。
本当に汚い言葉や恨みの言葉は私もキライですねっ。
2006.11.03 00:15 | URL | Azu #mkAYN.BA [edit]
内容はともかくおもしろかった。
>yuppeさん
「人間は他人の命は勿論、自分の命も自らどうこうしてはいけない…」
ほんとにその通りですよね。
今いじめに苦しんだりこのよの辛さに自ら死を選ぶ人たち、簡単に他人に危害を加えたり殺してしまう人たちに聞いて欲しい言葉です。
前編観ちゃったもんね、続編観ないではスマンでしょう(笑)
>Azuさん
あれ~それが道に落ちてたらドキッとしますね。私は拾うだろうか、それとも・・・
そうですね、カッコよがってもだめだし、身を正し心が清々しければおのずと言葉も綺麗になるものですね。
人に対しても多種多様、柔軟で素直な気持ちで向かい合えたらと思います。

2006.11.03 03:16 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/236-7131a4ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。