ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

「銀のキス」も無事楽となり・・・

オフィの写真も集合写真が載せられましたね。
とてもリラックスした雰囲気の中ほんとにどんなだったのだろう、ふたつのチーム・・・と思わせるキャストの方々ですね。
今日本屋さんでトプステも読んで来ました(買わんのかいっ^^;)
スゴいですね。さすが林さん丸刈りで役作りですか・・・
林さんときたらやっぱり私も出来たら山崎パパでも見たかったな。
すごく深いお芝居見せてくださったんじゃないかしらん。
三上さん綺麗だ~!目がすぐいっちゃいました。
そして前田さん!お帰りなさい。結構好きなんです前田さんのお芝居。
船戸さんと一緒に濃いですわ~♪(男前だ~^v^)
今回一番興味を持っていたクリストファーですが、荒木さんのお衣装、肖像画の中から出てきたみたいですね。お似合いですっ。
きっと深山さんもおかわいらしかったろうなぁ・・・とそれぞれ素敵でヨダレが・・・あはは
あどけなさに相反する狂気をきっと素晴しく演じられたのではと、観れなかったことが残念です。
聞けばもう明日はLifeの皆様合宿だとか。もう前を向いて動いていらっしゃるんですね。私も気持ちを早く切り替えていかなくてはっ(いろんな意味で。)

そうそう、お友だちが今ドイツに旅行中です。
「トーマの心臓」の舞台となった町々も訪ねる冬の旅でとても羨ましいいですねぇ~。
クリスマス色に賑わうそこここも楽しそう(フランクフルトやニュルンベルグのクリスマスマーケット)ですが、やはりシュロッターベッツとかヴィースバーデンとかギーセンとかメールで教えていただくと何か切ないトーマの世界が蘇ります。
ヴィースバーデンは温泉のある高級保養地だそうで、さすがユーリのおばあさまはお金持ちだわ。
ギーセンは寂びれた田舎町で実際にはケルンからギーゼンに間違っていくことは不可能だそうです。(笑)
いいですねぇ・・・「トーマを辿る旅」
あ、そういえばフランスのロワール地方のお城巡りをしたことあるのですが、歴史を吸い込んでいい色になったタペストリーとか、お庭とか薄暗いお城の内部、絵画、装飾などとてもよくて思い出に残っています。
ドイツのライン下りとお城めぐりに行ってみたいです~。
お友だちからのメールでのご報告が楽しみです。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/264-89d7a75d