ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

~その②「イヌの日」

いつものように当日券を狙っていきました。
友達情報で結構当日出そうと聞いて安心して窓口に行ったんですが
いや~危なかった!席は残り僅かで危うく取れないところでしたよ
(;^^A)
上手端から二番目でしたが5列目、すれすれ見きれて思いのほかいい席でした。
阿佐ヶ谷スパイダースはブラックでグロいとかねてから聞いていましたがこの作品に関しては内容の深みが感じられてそれほど嫌悪感はなかったですね。
2時間40分みっちりと練り上げられ構築されていて役者さんもよくて見ごたえがあったと思います。ほんとにあっという間の2時間40分でした。密度の高いお芝居でした。場面転換も面白かった。
登場人物もわずかなお芝居の間にきっちりその性格や生き方が分かるのはさすがです。
舞台は上下に別れていて上は中津が母親と暮らす住まい。左にベッドルーム、右にリビングルーム。
下は幼馴染を監禁している防空壕の内部。
これが暗転をうまく使いながら交互に舞台転換されて行くんです。

中津は4人の幼馴染を子供の時から17年間防空壕に監禁し続けている。防毒マスクがなくては生きられないほど環境が破壊され、両親も死んだと偽って・・・
母親は家に出入りする中津に関わる友人知り合いと深い関係を続けている。その昔春をひさいでいたという過去をもつ。

初っ端ベッドシーンときて、ちょっとびっくり^^;
で、この母親は初演にはなかった人物なんだそうで再演に際し長塚さんがどうしても入れたかったのだとか。
こんな母を受け入れられず嫌悪する息子と盲目的に息子を愛しながら
悪態をつき、突き放すような母親。
彼女を設定したことで次第に明らかになっていく中津の犯す行為の根源が彼女にあり、彼女の存在を設定したことで分かりやすくなったというかひとつこのお芝居の背骨を強くしているんだなと思いました。
この親子関係がお話の深みを増しているんです。

舞台の上部ではドロドロとした生身の人間関係が演じられ、相対的に下部では、世俗に染まらず子供のまま成長した無垢な心を持ったままのまるで妖精のような人間が演じられる。
重い話なんだけれどコミカルなセリフや演技でそれを感じさせない役者さん達の演技と演出がいいです。
いや、人は極限にあるとき時に滑稽でもあるわけで・・・。
17年間の監禁を隠し通してきた中津が友人に漏らし監禁した人たちを世話させようとしたことから綻びが生まれていくのだけれど、これって
「ここだけの話」とか「人には決していうな」とかいって結局うわさが広まっちゃうのと一緒ね。(笑)

その③に続く












スポンサーサイト

Comment

イヌの日
当日券でたんですね!
ローソンなどはsold out!となっていて、やっぱり人気なんだなーと思っていました。
口ではあきらめます!なんていっていたのに、最後の最後まで観に行きたくて、迷ってました。
迷いのもとはミモザ☆さんも書かれているように「ブラックでグロイ・・」という話を聞いていたからなんです。
そういうのが苦手なので・・・。
でも結局、子供を見てもらう人もいなかったし、あげくに腰痛でダウンしてしまったので、観に行くようにしてなくて、よかったです。
感想その③楽しみにしていますね!
2006.12.26 17:18 | URL | だいじろう #yrTdUdco [edit]
そうそう
ミモザ☆さんずいぶん前でご覧になったんですねー(>_<)
やっぱり当日券の方がいい席あるんですねー。
私はセンターでしたが、後方席でしたよ(T_T)
先輩は同じく後方の端でした。

ミモザ☆さんの感想を読ませていただいて、
なんだか「そうそう」って感じで、自分の感想がまとまっていく感じです。
私もミモザ☆さんのような感想が書けると良いのですが、、、、
では観たくせに、続きお待ちしてます(笑)
2006.12.27 12:30 | URL | ray #- [edit]
はい~^^
>だいじろうさん
ひょっとしていらっしゃるかなと期待半分でしたがやはりご都合つかなかったんですね。いや、実は私の友達も、その感想で今回見送ったんですよ。でも、満を持しての再演だけあってよかったです。感想楽しみにしてくださってありがとうございます。
>rayさん
あと思うと反対の下手の5列目端がよかったかな。防空壕の場面は殆ど下手で芝居でしたからね~^^
ありがとうございます。書きながら違ってるかな~といつも不安になります。そういっていただくと勇気を持ってかけますわっ(*^^*)
2006.12.27 14:15 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/269-d8b05a2b
★阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS「イヌの日」(2006/12/23-24)
広島の観劇ブログのリンク集です。(~ひとこと感想から辛口批評まで~)この記事では[アステールプラザ芸術劇場シリーズ]阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS「イヌの日」(2006年12月23-24日@アステールプラザ 中ホール)について書かれたブログを集めました。(基本的に、トラ