ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

今日の言葉

小さな役はあっても小さな役者はいない」
NHKの今朝の番組<この人にトキメキ>にご出演の宝田 明さん。
どんな小さな役でも全力で取り組む大きな役者さんの姿勢が感動でした。
これってどんな仕事にも通じる言葉だと思いました。それだからこそその場で輝けるんだと。
宝田さんの真面目な演技が逆におしゃれで面白かった「サラリーマンNEO」がまた再開するとか。
また楽しみなことです。

そして第7話に林 勇輔さんが出演される「占い師天尽」が12日(金)26時10分~放送が始まりますね。
これもラーメンズの片桐さん主演とのことで興味津々です。
またしても今までにない林さんを見れるんでしょうかっ。
スポンサーサイト

Comment

そうですよね
いい言葉ですよね。小さな役でも、その存在があるからこその主役、そして芝居。とかく上辺の技術だけを批判する人も多いですが、その奥に潜んでいる限りない可能性も見抜きたいなんて思ってしまう私です。
いくらうまくても役に心が吹き込めない、一生懸命できない役者さんには魅力を感じないんですよ。
2007.01.13 00:51 | URL | PIECE #UXr/yv2Y [edit]
はい!
PIECEさん
一生懸命って伝わりますね。ステレオタイプの演技ってありますよね。医者はこう、刑事はこうという風に形で演じてしまうのはよくありがち。
そういうのを乗り越えたところにあるその人の心底から出る演技に惹かれるし、そこに真実が現れるんでしょう
2007.01.15 01:28 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/280-e09032e5