ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

「あたっくNO1」~その後

劇団「方南組」のblogに16日の呉公演の前後当日の日記と感想が載っていましたのでご紹介しますね。
凄い緊張感の中で公演されていたようで呉の皆さんに芝居がうけいれられたことの喜びがあふれていました。
皆さん満身創痍らしいですががんばってツアー成功させていただきたいです。
小野さんも体調不調のようすですが飲んでるらしいので大丈夫ね(笑)
そうそう、パンフやロビーに掲げられていた役者さん達の寄せ書きの
小野さんの言葉は
一意専心で頑張ります」でした♪
スポンサーサイト

Comment

観てきました
『あたっくNo.1』大阪千秋楽を観てきました。笑って笑って泣きました。実は母方の伯父は、乗船していた軍艦と共に海に沈み、呉にある軍艦ごとの忠魂碑?にその伯父の名が刻まれているそうなんです。私は伯父の没後かなり経ってから生まれていますから、どんな人だったのか知りません。でも、19歳だったそうですから、劇中の一等兵さんのようだったのかもしれません。だから、彼の「カッターシャツ…」のくだりは泣けてきて仕方ありませんでした。伯父も田舎の親兄妹を思って戦っていたのだろうかと。戦争を題材に明るく明るく重く…いい舞台でした。
2007.01.21 22:20 | URL | ななみっち #qBpKbO02 [edit]
つづき
それにしても、素敵な俳優さん達でした。平沼さんにはうっかり惚れそうでした。終演後、Tシャツを買った人には、劇団員のサインと握手のサービスがあって、そこに平沼さんもいたので、かなり悩みましたよ。勇気がなくて諦めましたけど。表の方でも金橋さんとかがいらしてて、一緒に写真を撮ったり、握手したり、お話したり…。根性がなくて見てるだけでした。「方南ぐみ」の芝居は今回初めて観ましたが、心を掴まれてしまいました。まるで、ライフの舞台を初めて観た時のようです…。
2007.01.21 22:34 | URL | ななみっち #qBpKbO02 [edit]
惚れましたか~^^
ななみっちさん
ご感想コメントありがとうございます。
そうですかっ、呉の海軍墓地(長迫公園)の慰霊碑ですね。毎年秋分の日に合同慰霊祭が行われています。叔父様はあの時を一緒に戦った戦友ですね。誇りを持って語ってあげてくださいね。
私の父が乗っていて轟沈した重巡「鈴谷」の碑もあります。丸一日高い波の中を泳いで助けられ、九死に一生を得ました。
私もななみっちさんと同じ思いで舞台に見入りましたよ。父は額に両親兄弟の写真を括りつけて泳いだそうです。今でも潮に当たって白茶けた写真が当時を物語っています。死の不安を支えたのは肉親と故郷への思いだったでしょう。
あ~平沼さんかっこよかったですね。金橘さんはなかなか存在感あっていいキャラでした。私は、川本さんに山崎さんの面影を感じて山崎さんに脳内変換してみてました~(笑)巧かったですよね。彼も!
千秋楽で役者さん出て来てくださったんですね。呉公演ではありませんでしたから。物販とかには劇団員さんがいらっしゃいましたけど。客演の方たちもよかったし劇団員の方の実力も鍛えられていて安心感がありました。面白い劇団だと思っていまして他の作品もみてみたいですね。
2007.01.21 23:47 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
海軍墓地というのですか。教えて下さって有難うございます。14年程前に、母と伯母が一度行っているんですよ。私はまだ行ったことがないのですけど、『あたっくNo.1』を観て、一度行かなきゃな、て思いました。…あっ、川本さん!巧かったですね!私は山崎さんに脳内変換できませんでしたが、恋文で混乱していくところが好きでした。舞台上でも、ちっちゃー、て思ってましたが、近くで見ても小さかったです。でも、屋外で半袖Tシャツ1枚で、写真撮影に応じたりで偉い人ですわ。私は平沼さんの声の良さと、終演後の爽やかな笑顔にクラクラでした。
2007.01.22 23:39 | URL | ななみっち #qBpKbO02 [edit]
ああ!
ななみっちさん
こちらにいらっしゃる時はぜひご連絡下さいね。駆けつけますので。いつかオフ会にもご参加いただけると嬉しいです。
語り明かしましょう。
2007.01.23 22:37 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/284-0f32eca8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。