ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

とりあえずびっくり!

「ロミオとジュリエット」の制作発表があったんですね~。
で!な・・・なんですって!
舞台美術があの朝倉 摂さんなんですかっ
す・・・すごいじゃないですかっ
おお~~~~~~~~~~~~~~~~~~チケットとってないけど
それだけでも観に行きたいよぉ(T^T)
どんなふうになるんでしょうか~観たい~!
演劇自体より舞台美術に魅かれる私って・・・
スポンサーサイト

Comment

舞台美術も大切ですよね。演出のひとつでもありますし。以前、「NINAGAWAマクベス」(蜷川幸雄氏演出)で、バーナムの森が動く、という場面があったんですが、それが滅茶苦茶キレイなんですよ。それはマクベスの破滅を予告?する忌まわしい出来事な筈なんだけど、とても幻想的な感じで、ほぅ~ってため息のでそうな美しさでした。万俵大介…いやいや北大路欣也さんのマクベスもなかなか印象的だったけれど、あのバーナムの森は私的にかなり印象に残っています。舞台って、演技や展開だけじゃなくて、美術も大切な要素なんだな、と感じた作品でした。
2007.03.11 23:45 | URL | ななみっち #qBpKbO02 [edit]
ななみっちさん
そうなんですねぇ!
私も以前火を使った前衛的な舞台美術の演劇を観たことあります。外国のものだったと思います。すごく斬新だったんですが話の展開や場面にとてもよくあっていて印象深かったです。
とても大きな力を持っていますね。観客の想像力を増幅してくれるんですね。
2007.03.11 23:53 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/308-2d32d4e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。