ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

職場を去る

実はきのう私一人のために保育所の子供たちみんなが集まってお別れ会をして送ってくれました。
全く予期していなくて静かにいつもどうりに去っていこうと思っていましたのでビックリするやら感激するやら。
手作りのお花と首飾り、先生達からはピンクのミニ薔薇。
90人の子供たちのまっすぐな眼差しが私を見つめ、その一つ一つを見つめ返しました。小さな手で作ってくれたアーチをくぐりながら本当に幸せだった日々を思いました。
未熟な私を先生と呼んで慕ってくれた子供たち、拙い言葉を受け止めてくださった保護者様、導いてくださった先生方・・
すべてに感謝です!

たくさんの子供たちを見てきてその子の力を信じて見守ること、そのすべてを丸ごと受け止めることとタイミングのいいアドバイスがどんなに大切かを学びました。
私たち保育者のひとつひとつの言葉かけや対応がその子に大きな影響を与えるかも知れないという恐ろしさも。
大人の縮小ではない。その子のところまで降りていって同じ目線で透明な心で向き合うこと。共に哀しみ共に喜び抱き締めること。出来るだけ見落とさないようこどものおもいをひろいあげること。それが私の保育の姿勢でした。
思うようにならないのが当たり前、それでも感情に走ったことが何度もありました。でも心が繋がっていれば子供たちはそれをちゃんと受け止めてくれて反省すること何万回。
こんな未熟な私でしたがいい経験をさせてもらったと思います。
ひとつの心の修行をここでさせていただいたのでしょう。何百という可愛いお導きの元で。幸せを祈ります。

スポンサーサイト

Comment

お疲れ様でした
昨日が最後の日だったのですね。
暫くはゆっくりなさって下さい。
あっ、でも日舞がありましたね。

今までお疲れ様でした・・・

2007.03.30 10:50 | URL | keiko #- [edit]
keikoさん
ありがとうございます^^
と~っても淋しいのですがと~っても幸せな気持ちで今います。
明日は早朝名古屋に発ちます。
明後日が本番!
いよいよ一年待った師範試験です。がんばってきますね。
2007.03.30 11:11 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
ミモザ☆さんの園児に向ける優しい笑顔が見えるようです。
お疲れ様でした(=^・^=)
でも、まだまだやらなくてはいけない事が沢山あるのですね。
ゆっくりとはさせて貰えないようなのでお体には気をつけて下さいね♪

ファイト!\(^o^)/
2007.03.30 20:17 | URL | 魅由貴 #iaa7AtqM [edit]
お疲れ様でした!
ミモザ☆さん、本当にお疲れ様でした!
素敵なお別れ会、よかったですね。
様子を聞いて、なんだか私もうれしくなっちゃいました。
ミモザ☆さんの子ども達への向き合い方、素晴らしいです。
私もわが身を振り返りました。

明日から名古屋に行かれるのですね。
試験がんばってくださいね!
2007.03.30 22:19 | URL | だいじろう #yrTdUdco [edit]
すばらしい職場だったんですね。
小さな子供を相手にするということは端で見ているよりももっと大変だたんだろうな、と思います。
たぶんかわいいだけじゃないと思います。
でも、大変な感動をもたらしてくれるのも子供たち。
最後にとてもすてきな送りものをいただきましたね!
それもこれもミモザ☆さんのしなやかな感性あってこそ。
長い間お疲れさまでした。
試験の方も是非頑張ってくださいね。
2007.03.30 22:33 | URL | パリス #- [edit]
お疲れ様でした
素晴らしい門出の日になりましたね。きっと子どもたちの記憶にもミモザ☆さんのこととこの門出の日のことが残るんじゃないかな、て思います。私が通っていた幼稚園には、用務員さんだと思うのですけど、「山本のおばちゃん」と呼ばれている人がいました。いつも優しい笑顔で接してくれたおばちゃん。卒園してからも、「おばちゃーん」と手をふって呼びかけると、変わらぬ笑顔をかえしてくれました。おばちゃんは私が小学生のうちに病気で他界してしまいましたが優しい笑顔は今も覚えています。ほっこり温かい気持ちにしてくれる優しい記憶です。
2007.03.31 22:07 | URL | ななみっち #qBpKbO02 [edit]
おつかれさまでした。
ミモザ☆さんお疲れ様でした。
本当にすてきな職場だったんですね。
そしてミモザ☆さん自身が、
その職場で、素敵な時間をすごされてきたことが、本当に感じられました。
そして師範の試験、良い結果が聞けるよう祈ってます。
2007.04.01 16:59 | URL | ray #- [edit]
ありがとうございます^^
色付きの文字魅由貴さん
これから私の出来ることは何なのかまだ見えてきませんが
今までと同じように足元を確かめながら自然体で暮らしてみようと思っています。たくさんの友達との関わりの中からも見えてくるものがあるかもしれません。何しろ、この職場に出会ったのも友達とのかかわりからでしたから。
だいじろうさん
お別れ会は、改めて自分を振り返るいい機会となりました。
一つの区切りとしてこういうことは大切だなと企画してくださった保育所にも感謝しています。
もう少し早く現場に出ていたら、私の子育てももっと充実していたかも知れません。いろんな子供、いろんな家庭や事情を知ることで私も成長しました。だいじろうさんも子育て真っ最中ですね。共に生きるという意識が一番大切だと思います。がんばりすぎずにがんばってくださいね。
パリスさん
とくに男性は「子供と一日遊んで楽してお金もらっていい仕事だ」と思っている人が多いです。
保育者は人間を育てる一助を仕事にしていると思っています。命を預かっているのです。それだけ責任は重いです。
その場だけで終わってしまう仕事ではなく関わった子供のことは問題にせよ事情にせよずっと頭にあります。それらすべてを保育所全体で受け止めていかなくてはその子を育て親を理解していくことは出来ません。
ただおしっこの世話をしご飯を食べさせるだけの仕事ではない。どうしたら子供たちにとって一番いいのかそれが根本にあります。
人と関わる仕事を選んで本当に良かったと思います。これからの人生にも大きな影響をもたらしてくれるでしょう。
ななみっちさん
なんて幸せなおばちゃんでしょう。ななみっちさんの心に小さな花を咲かせていらっしゃる。
私にその力があったかは分かりませんし忘れられてしまうだろうなぁ。でもほんのひとつでも誰かの心を創り上げる小石のひとつになれていたらいいなあと思います。
rayさん
私はほんとうに仕事場と人に恵まれたなぁと感謝の気持ちでいっぱいです。辛い相手や上司もありましたがその分がんばったり気づかされたりしてスキルアップしてきたように思います。人は自分の鏡であり先生だなと改めて感じています。
ありがとうございます。
2007.04.02 11:28 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/325-a70f491c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。