ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

なんだかね・・・

ロミ&ジュリご観劇レポやご感想読ませていただいて楽しんでいますが、
山崎ロレンス神父の評判の良さを聞くにつけ、思いは千々に乱れておりますよ。
もちろん観に行きたいっ!どんな芝居をされているのか見たいです。
そして夏公演のキャストにホントにはいってほしかったっ。女性役でもっ。

最近作品というか舞台というか魅力を感じなくなっている自分に気がついている。
なんかね、手ごたえがないのよ。いい役者さんのおなかにど~んと来るいい芝居が見たい。
う~ん・・・とうならせて欲しいのよ。若いとかビジュアルとかど~でもいいのヨ、私。
やっぱり技量ってのは大事ですね。
いい役者が必ずしも客を呼ぶわけではないことも解っているんだけど個性的で揺るぎない
演技力を持った役者さん同士ががっつり組み合った見ごたえのある舞台ってのが欲しいんですね。
若くて才能を持った魅力的な役者さんが揃っているのに贅沢を言ってますよねぇ私。
でもね、身内びいきでよかった良かったで終っちゃいけないような気がする。とくに本公演は。
役者さん達一人一人誰に頼っているわけでもなく誰かを支えているのでもなく
それぞれが実力を持ってその個性を充分に発揮してぶつかりあっている舞台は魅力的ですから。
ファンとしてLIFEの世界の持つ空気や感性に浸るだけではないもうひとつ上のものを求め始めたのかもしれないです。
スポンサーサイト

Comment

うんうん
わかります…お腹にどーんとくるような芝居が観たい…私もですよ。肌や魂で感じるといいますか、理屈抜きで感じるといいますか…スタンディングオベーションするにも、周りが立つからじゃなくて、心の底からのスタンディングをしたいのです。有名無名関わらず、素晴らしいものには惜しみなく拍手を送りたい。去年、何年ぶりかで蜷川作品を観て、心の底からのスタンディングをしたんです。嬉しかったですよ。いいもの観たなぁ…て。海外で日本語で上演しても評価されるのがわかります。心にビシビシ響いてくるのですよ。うん、そんな芝居が観たいなぁ。
2007.05.14 22:22 | URL | ななみっち #qBpKbO02 [edit]
やっぱり?!ななみっちさん!
そうなんですよね。「肌や魂で感じる」「心にビシビシ響いてくる」・・・それそれそれですよっ。いい芝居を見るとすごく嬉しくなる、心が高揚してワクワクする。
観劇後の充実感!胸の中に大きな質量のあるあったかいものが存在する。そんな時はきっと役者さんも同じ気持ちだと思います。
2007.05.14 23:50 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
本当に
そうですよねー!
周囲が立つから仕方なくじゃなく、
本当に心から感動してスタンディングオベーションがしたいです。
舞台をみてぐっと来る。
そんな舞台をライフに求めちゃいけないんでしょうか(T_T)
2007.05.15 00:26 | URL | ray #- [edit]
rayさん
私ね、公演ひとつ減ってもいいと思ってるんですよ。
それでしっかり練って厚みのあるどぉ~ンと魂に来るようないい芝居をやっていただきたいんです。
消化不良な感じがずっと付きまとう今日この頃でございますよ。
2007.05.15 00:35 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
同感です。
そうですよね!
今年は特に公演回数多いですよね。。。。
そして公演期間も長めのものも多く、、、
役作りとか、練習期間も短くなるんじゃないかと、、、、
余計なお世話なんでしょうかねー(; ̄ー ̄川
2007.05.15 21:34 | URL | ray #- [edit]
rayさん
まあね、芝居が打てるって事が一番大事なことですけどね。
地方公演がない分地元で数打てますし、舞台にあがれることは役者さんにも良いことだと思いますけど・・・
だからこそこの時期に実力を付けていって欲しいです。話題性も大事だけどプロや目の肥えた観客にも耐えるしっかりとしたいい芝居を見せる劇団になっていただきたい。[LILES]のころには若手が育ったらすごい劇団になるんじゃないかと期待していましたからね~^^
2007.05.15 23:58 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/355-fc6e08b2