ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

演劇モバイル

演モのコラムが更新されて山本芳樹さんが書かれていましたね。
なにしろトップのお写真が自然で穏かな柔らかさが感じられてとてもいいお顔でした。
いま、「モスクワからの退却」のお稽古中だと思いますが、魅力的で充実した環境にいらっしゃるに違いありません。
精神的にも清々しく満たされているような気負いのない表情に一番惹かれました。
きっといい舞台を見せてくださることと思います。
本当に近くで上演されないのが残念です。


山本さんのお話を読んで思うこと。
なんにしてもライブを観て初めてほんとうに伝わるものがあるんですよね。
同じ空間や空気を共有すること、生の役者さんの息使いや台詞、声、体の動きやそれによって揺らぐ大気の流れ・・・瞬間瞬間で変化する感情の鮮やかな発露。
それを受け止める観客の感性とのぶつかり合いであったり高めあいであったり。
音楽も一緒。一回一回が初めての出会いなんだという生の面白さがあります。だって同じものは二度と観られない、感じられないんですから。
感動に高揚する体と心を抱えて静かに舞台をなぞりながらうちへ帰る時間のなんともいえない清々しさがとても好きです。
いろいろわが身に制約はありますがこの感覚を味わいにまた劇場に足を運びたいと思います。


スポンサーサイト

Comment

わ~い!
まだ見に行ってませんでした!
芳樹さんなんですね。
早速飛んで行ってみます!
「モスクワ・・・・」本当にこちらで上演がないのが残念です・・・。
2007.06.01 08:51 | URL | だいじろう #yrTdUdco [edit]
だいじろうさん
記事も舞台への意欲と愛が感じられるいいお話でしたね。
重い作品は地方には向かないのかもしれませんが見る側も育ってきている昨今ぜひ地方公演もして欲しいです。
2007.06.01 11:32 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/368-2c845347
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。