ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

月のうさぎ

瀬戸内寂聴さんの初めての絵本がでました。
その中の一冊、「月のうさぎ
インドの昔話なんだそうですが、私は仏教のお話しとして聞いた記憶があります。

森の中でさるとくまとうさぎが仲良く楽しく暮らしていました。あるとき三匹は森の中で行き倒れている老人を助けます。
老人のために三匹は食べ物を探してくるのですがうさぎはとうとうなにも持ってくることができませんでした。
「私は何も差し上げることが出来ません。どうか私を食べてください。」と言って焚き火の炎の中に身を投げます。
実はその老人は神様で、そのうさぎの心に深く感心して永遠の命を与えその姿を月にとどめることにしたのです。

「払己利他」というのだそうです。己を省みず人の幸せを願い心を尽くし行うこと。
昔の日本には「世のため人のために」という美しい言葉がありました。
私も親から「人の役に立つ人になりなさい」「世間に育ててもらったのだからお返ししなくては」といって育てられたもんです。
それは名誉や褒め言葉やプライドのためにではなく心から突き動かされた行いでなくてはならないのでしょう。
戦後のおかしな個人主義が私利私欲に走る自分さえよければいいという世の中を作ってしまったみたいでね。
公共の場にも自分のルール・家庭のルールを持ち出してこっちに合わせろという世の中。
自分の幸せや自分のことばかり考えているとだんだん心身が病んでくるみたいな気がする。
こんな私でも求められればその人や事のためにがんばれる。それは家族であってもいい、誰かの幸せを願いそのために働けること。それがひいては自分の喜びや幸せになって帰ってくるんじゃないかなと思います。
実際自分は若いころ、病気がちな母や家庭のことに苦悩しました。
自分の望みを捨ててきたこともたくさんありましたが、家族を愛し守ろうと負けないで生きてきたことが逆に自分を支えてくれていたことに今になって気づいています。
誰かの役に立ちたいと思い誰かの幸せために生きること。それが人の世に生きるということなのかもしれません。

話は違いますけど,朝ドラの「どんど晴れ」。
ふたりの女性が女将になるための修行で競い合っていますけれど、大女将が女将に対して「足りないものがある」といったり主人公は「他にはないものを持っている」といったりするんですよね。
ずっとそれってなんなのだろうと考えていましたが、きっとこの「月のうさぎ」の心なんじゃないかと思いついたことでした。





スポンサーサイト

Comment

NoTitle
仕事をしてると、自分じゃない何かが出て「なにやってんだろ」って凹む事も(>_<)自我が出てしまうんです。表には出しませんが、それが辛くって。
一緒に働いてる人たちは「こんなに楽しく働けるのは初めて」と言ってくれるのですが、自分としては、まだまだなんですよね(^_^;)

ちょっと悩んでたので、ミモザ☆さんのお陰で月曜からの仕事が気持ちよく出来そうな気がします。ありがとう♪
2007.07.14 14:07 | URL | 魅由貴 #iaa7AtqM [edit]
私もですよ
>魅由貴さん
自分が月のうさぎになれるかといったらそれは無理かも・・・
人には能力も許容量も差があるんですよね。
出来ること、思いやれることもちがってくる。
ならばそれぞれが出来る一生懸命をやれば良いんです。
それで合わせて100になればいい・・・と。
2007.07.15 01:56 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
お久しぶりです
ミモザさん、大丈夫ですか?
過去のblogを読ませて頂いて、心配になって・・・
早く心がお元気になられます様に祈っています。

人間って、心の汚い部分や醜い部分が時々顔を覗かせてしまいますよね。
そうゆう時って、だいたい欲望や利益にとらわれている時が多い様な気がします。
まだまだ「月うさぎ」にはなれそうにない私ですが、自分の中の嫌な部分が顔を覗かせ始めた時は、一呼吸おいて自分を振り返るようにしています。
それでもなかなか欲望を手放せない時があるから、まだまだ修行が足りませんね(^^;)

2007.07.16 07:16 | URL | 明美 #hiiZJbic [edit]
ありがとうございます
明美さん
お久しぶりです~書き込みありがとうございます。
季節のせいもあるんでしょうがちょっと沈みがちな気分ですね。流れに乗って流されているところです。変にがんばっても無理がいっちゃいますし・・・
ま、死ぬまで修行・・それが人間なんでしょうけどね。
そういう嫌な部分がわかるから悩むんですよね。自分が心から行動したのか、そうでないのか・・・
でもそう努力することが大事なんだと思うんですよね。
2007.07.16 14:21 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/393-4d7a14e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。