ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

NHKドラマ

実は入りやすく涙脆い私。
土曜日の「マチベン」日曜日の「風林火山
と続けて泣いてまった~(^^;
「マチベン」は弁護士という一見エリート集団なようであるのに、三人の壮年(?)弁護士は人生の途中で一念発起した新人。
それぞれがいろんなものを背負って悩んだり落ち込んだり不完全な一人の人間であるところが良いんですよね。
ひとつの事案と人に関わりながら人の多様なあり方や生き方が模索されていくんです。そしてその誠実な熱意が頑なな人の心を解き融かしていく。
第三回はほんまによかった。
板尾さんあんな演技が出来る人だったんですね。

「風林火山」役者さん力はいってるし、肩やら拳やらガジガジになってる自分に気づいて苦笑。
亀治郎さん愛嬌のあるお顔で好きなんですけど、如何せん演技が大きすぎな感じで。若さでしょうかね。
でも大芝居だなぁと思いつつ結局入り込んで見てしまって・・・せつなく泣いてました(笑)
三浦しをんさんblogでもこの話題・・素直な感想と疑問でゴロゴロしながら読みました。

NHKのドラマは結構丁寧に作られてて視点が意外だったり、人物の心理の描き方も好きなんですよね~。
若い役者さんも成長していくし、ベテランの方は新しい一面や魅力を発見したり見せてくださるし。
スポンサーサイト

Comment

大河ドラマ
『風林火山』私も見ながら体中に力が入ってますよ(笑) 前回、前々回と板垣(千葉真一さん)がカッコ良かった~。そして、切なかったですね。そうそう!亀治郎さん!私もそう思います。顔の動きも歌舞伎調で…。でも、それが、晴信も歳を重ねて貫禄が出てきたんだな…と感じる時もあり…。まぁ、何だかんだ言っても、今年の大河ドラマを楽しんで見ています。
2007.07.24 07:08 | URL | ななみっち #qBpKbO02 [edit]
そうでしたね~^^
最後の花道ってことでしょうか,NHKも見せ場をしっかり作ってくださってました。
まだまだいけそうな立ち回りでしたっ。見せるって大事なことですもんね。それが千葉さんにはありました。
役者さんが盛りだくさんなので楽しみな大河。
この中に山崎さんがいらっしゃればなぁ・・・(^v^)
2007.07.24 15:37 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
私もです。
私も最近すっごく涙もろくて、テレビの感動シーンには特に弱いです。家じゃ一人なので、ストップがかからないからでしょうか(笑)
亀冶郎さん、確かに面白いけど、かなりウケ狙いな演技する方だな~歌舞伎役者にはこういうタイプは珍しいかも?と、この前歌舞伎座で「十二夜」を観て思いました。
実家にいた頃はNHKのドラマも観る機会があったのですが、最近はなかなか観れないんですよね~。Gacktの上杉謙信にはちょっと興味があったんですけどね。
2007.07.24 17:19 | URL | さおり #Lh8arD1g [edit]
やっぱり?
若いときは私、仮面かぶってましたからね~
感情に素直になれることは気持ちいいことですよ。誰に遠慮することがありましょうや。
ハイ!次回から謙信様しっかり出そうなので
楽しみにしています。Gacktさん作りこんできてますし。
2007.07.24 23:40 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/399-06d6e9df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。