ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

夏祭り

昨夜は氏神さんのお祭りでした。
主祭神は宮島の厳島神社の三女神のうちの一柱、市杵島姫命なので毎年厳島神社の管弦祭と時を同じくして祭典が行われるんです。
それに先立って子供たちが各地区に分かれて地域を提灯行列で渡ります。
いつもは6月下旬にちょうど当たるんですが旧暦なのでずれて今年は7月30日。
夏休みに入っていたので小さい子供たちも夜遅くなっても大丈夫ということでたくさん参加してくれたので賑やかでした。

二年前から新しい宮司さんに代わったのですが、前の宮司さんはなんだったのというくらい真摯に勤める方で祝詞なども神事なのでマイクは使われないで肉声だけ。
秋の大祭は神楽がありますけど、すべてが終わるまで決して坐られない。
神様にお勤めしているという神聖な思いと姿勢が素晴しいです。
これってどんな仕事にもいえることですね。誇りと使命感を大なり小なり持って謙虚に取り組んでいく。姿勢を正される思いです。

私のお勤めは「巫女舞の奉納。
地域の子供たちに巫女舞を指導して祭典で奉納させます。
毎年この管弦祭では新人の子達が何人か初舞台なので、教える私もドキドキなんですよ(笑)
今回もハプニングやら先輩の子が緊張でガジガジだったりとかいろいろあった奉納でした~(^^;)
でも嬉しかったのはかつて巫女さんをがんばってくれた、今では中・高校生になっている子たちが勢ぞろいして顔を見せてくれたこと。
奉納を前に感激の想いでした。この子達にとってもいい思い出になっていたんだなぁと・・・

最近はこういうお祭りを宗教行事だといって嫌がる人もいますが、私は日本の伝統文化だと思っているんで大いに楽しみ、大切に伝えていきたいです。



スポンサーサイト

Comment

こんばんは♪

私は、全く地域に密着していないので^_^;
こういうお祭りとか、ちょっとうらやましいです
母親がどっちかというとこういう催しが苦手のようで
私も馴染みなく過ごしてきましたので…

巫女舞???
私も見てみたいです♪
2007.07.31 19:57 | URL | yuppe #- [edit]
なるほどね~^^
お祭りって日本人の血に流れるものがあるので
ちょっと出かけてみると楽しいんですよね。それで
夜店とかね、どこか切ないんですね。祭りの後の淋しさでしょうか・・・
「浦安の舞」という曲で「天地の神様に祈ります。
朝凪の海のように安らかで平和な世でありますように」という意味の昭和天皇の御歌です。

まァなんにしても楽しまんとね、人生(笑)
2007.08.01 00:07 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/404-ec06ba27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。