ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

「ハムレット」山手ゲーテ座公演~感想その①ネタバレ御免!

横浜の山手の辺りは閑静で時間がゆっくりと動いていて何か懐かしいようなレトロさも感じるいいところでした。
ゆっくり歩いて岩崎ミュージアムへ。
ひとつ前の坂を上ってしまったので時間は少しかかったのですがあちこち見て歩けてよかったです。
大佛次郎記念館もいけました。

ストーリーは皆さんご存知なのでいいとしてもネタバレな部分もあると思いますが会場の大きくなる東京公演では違ってくると思うので感じたままを書きますね。

山手ゲーテ座は座席数100あるかどうかという小さな劇場で床もフラットなのだけど舞台から天井・側面と細い木の材を連ねて張り詰められ音響も装飾的にもとても良くてシックで品格のある場所でした。
舞台と客席の差があまりなくて演出も会場全体を使い観客も巻き込んでの一体感あるものでした。
当日は後ろの席に林勇輔さんとな・・・なんと萩尾望都先生がいらっしゃいました。開幕前や休憩時間に楽しそうにお話されるお二人の声が聞こえてドキドキでした。
あることじゃないよねって萩尾先生を神様と思っている友達と興奮状態でした。(笑)

音楽は生演奏。
客席上手前列にパーカッショングループTuk Pakさん。
打楽器とベルなどの音楽と効果音なのですが舞台に寄り添い作品の雰囲気によく融けあっていました。ずっと聞いていたいような牧歌的な響きがありました。
舞台は三枚の薄絹を巻き降ろししながら場面を展開していきます。
それはあるときは城内の部屋であったりオフィーリアの家であったり墓場であったり・・・。
真ん中に一枚の鏡がありそれが演出家の作品解釈のキーになっています。

実は周りが若手の方が多いせいもあると思いますが山康一さんの演技力が突出していて、もう彼の一人舞台と言っても過言ではありません。
もちろんタイトルロールのハムレット役で目立つのは当たり前、出ずっぱりで膨大な量の台詞・・・周りを固める役者さん達に支えられてこそ成り立つものですけれど、それほど山ハムレットの出来は素晴らしかったんですよ。
なのでとても山さんの印象が強くて、彼中心の話になってしまうかもしれません。あしからず(^^;)

開幕に道化(内田慎二さん)が出て口上を述べます。
この役者さんはオフィーリアの父ボローニアスも演じ、狂言回しとなっていきます。

黒いジャケット黒のパンツ姿の山ハムレットが登場。ゆっくりと客席に顔を見せられたとたんから惹きこまれてしまいました~。
一瞬の空気の作り方はさすがです。
お顔も体もシャープな印象になられていて、哀しみに満ちているけれど
精悍で快活な青年ハムレットを無言のうちに感じさせます。

時代衣装かなぁと思っていましたが現代の服装で、開幕に出てきた道化もつりベルトに蝶ネクタイ、王様もスーツ姿です。
ハムレットもミリタリー風の黒のジャケット、レアティーズ(前半大沢一起さん)は白のジャケット。
後半二人が入れ替わると衣装も入れ替わります。白と黒の対比で復讐する側と復讐される側が表わされているようです。
服装は現代ですが台詞はそのままで呼吸と台詞が一体となるブランクヴァースを駆使する正統派の舞台です。
それにしても山さん若いなぁ~~♪
引き締まったからだと適度に削がれた頬、ひびきの良いお声と歯切れのいい活舌(噛んだの1,2か所のみ)、無駄のない軽やかな動き・・・衣装もよく似合い現代的な等身大の青年ハムレットでした。











スポンサーサイト

Comment

お帰りなさい^^
こんにちは♪
帰りは大へんでしたね。ったく、って感じですよね、ほんと。
でも舞台のほうは、いまだ興奮冷めやらずといった感じですネ~。実は東京公演行く方向で考えてるので、ミモザ☆さんの感想を読みたいところ今はぐっとこらえてます(^^;
でも最初の劇場のところの話だけで、すでにわくわくドキドキ。ミモザ☆さんの興奮ぶりも(山崎さんへの「愛」も)ひしひしと伝わってきました!

ところで「名古屋をどり」のほうは如何でしたか?
実は劇作家の横内謙介さんと澤寫屋のファンなので、そっちも気になったりしています…。またハムレットのほうが落ち着かれてからでいいので(笑)、名古屋をどりの感想などもUPしていただければ嬉しいです^^
2007.09.13 12:55 | URL | ふう #- [edit]
>ふうさま
ただいま~です^^
ハハハ・・・もう隠しはしませんよぉ。今も続く熱を。
東京公演を期待なさってくださいませっ。
山さきさんだけでなく、出演者が皆さんいっそう創りこんでこられるはずです。
会場も広くなりますしね。
あ、舞踊劇「はしりがねの女」「宗春 ゆめのあと」ですね。これも後ほど書く予定ですが、笑三郎さんがほんっとに素敵でしたよ。
ンで、やっぱりね鍛え方が違いますっ。いいものは見なきゃいけませんねぇ。
2007.09.13 22:06 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/435-08fc01b9
ハムレット
29日、30日の2日間にわたり、両国のシアター?にて2NKプロジェクトによる 『ハムレット』 が上演されています。Studio Lifeの山崎康一さんがハムレット役(前半)とレアティーズ役(後半)でご主演中♪是非観にいきたかった