ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

NOSS~日本踊りスポーツサイエンス

おととい、昨日と日舞西川流のお家元が来広され講習会を開かれました。
今年新師範となった私は三年講習を受けることが課せられていますので
参加してきました。
年に一度のお家元とのふれあいですので楽しみにもしています。
今年の講習は主にお家元が開発された踊りをもとにした体操NOSSの講習でした。
これはオリジナルの「このときを過ぎれば」という歌に合わせて踊りの振り付けになっていますが、大学の研究によりどの筋肉に働く動きなのかを良く考えて作られていて、日舞を知らない方たちも体操の感覚で踊りを楽しむことが出来るようになっています。
日舞の踊りは人が最大の力を出したときの80%の力で筋肉に働きかけているそうです。。
振りによっては最大の力以上の負荷を記録します。それなのに脈拍はそれほどあがらないという素晴しい有酸素運動といえるのではないでしょうか。
杖がなければ歩けなかったお年寄りがNOSSを続けることに喜びを感じられるようになり、まず杖を離しやがて一人で歩くことが出来るようになられたそうです。
踊ることが気持ちを支え変えていったのですね。

今回は講習のあとで筆記試験が受けて求められれば指導が出来るように資格を獲得しました。
NOSSによって健康的な体と心を得てもらえると共にNOSSを通じて日舞の楽しさを知ってもらえたら幸せなことだと思います。
微力ながらも機会が与えられれば伝えていきたいと思います。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/451-7f483ed4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。