ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

そういえばね・・・

通りすがりにチャンネル合ってチラ見した「雪之丞変化
大昔の映画長谷川一夫さんの流し目の色っぽさとかあでやかさとか、宝塚の一路真輝さんのりりしい美しさとかが蘇ります。
去年お稽古した踊りの中にも「雪之丞小袖」という清元の曲がありましたゎ^^
難しい役なのできっと大変だったと思いますね。
春猿さん・笑三郎さんとか大人な女形の役者さんでも見てみたいお話です。
(舞台のシーンもしっかり見せていただいてねぇ♪)

ちょっとびっくりしたのが若い女優さんの台詞でしたね。
ちゃんとした時代劇の台詞なんですが片言の日本語に聞こえてしまったんですよ。
あれ?外国の女の子でてくる話だったっけ?とチャンネル替えるの忘れて聞きました。
ああ、現代の若い女の子が喋るとこんな台詞回しになってしまうんだなぁ・・・
ちょっと淋しかったりしてね。
何でも積み重ねと勉強ですけど所作にしても言葉にしても時代劇は付け焼刃では出来ないものなんですね。大河に出る役者さんは素晴しいです。
私の踊りもその道の人から見たらぎこちなくも拙いんだろうなと反省しきりのミモザ☆でした。
踊りの背景とか意味とかわからずに踊っていることが多いんですよね。
しっかり勉強しなくては~(A^^;)
スポンサーサイト

Comment

雪之丞変化
ミモザ☆さん、こんにちは。久しぶりにコメントさせていただきますv-290
雪之丞って、もしかするとタッキーの? わたしもアレ見てました。つっこみ所は満載でしたが^^; 雪之丞変化自体が大好きで^^ とは言っても、わたしが知っているのは、澤寫屋の若手の座組「二十一世紀歌舞伎組」版のものなのですが。「二十一世紀~」版では中村信二郎さん(現、錦之助さん)版、段治郎さん版を観たのですが、わたしも笑三郎さんで是非観てみたいと思いました! ちなみに春猿さんはお初を粋に好演されてましたヨ~
長々と失礼いたしました。
2008.01.10 13:49 | URL | ふう #- [edit]
最近歌舞伎はまったくご無沙汰なのですが、懐かしいと言えば2月に「蒼いくちづけ」再演です。ドラキュラものの中でも個人的にはとても思い出の深い作品なので是非観ておこうとチケットを頼んでみたら最前列だそうで(^^ゞ 仕事がかぶらないといいのですが…。
2008.01.10 15:15 | URL | PIECE #UXr/yv2Y [edit]
>ふうさま
私も好きなお話なんですよ~^^
おおっ段次郎さん素敵でしたでしょう!
粋で気風のいいお初さんもいい役ですよね。
宝塚では男役さん(高嶺ふぶきさん)がされて綺麗ですごく良かったですよ。


2008.01.10 18:05 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
>PIECEさん
あっ紫苑ゆうさんの!?
もう、ゾクゾクするほど素敵でしたよねぇ。確かさよなら公演でも扮装で出てくださったですね。
いやぁ~最前列は視線を向けてくださるのでドキドキですね、いいなぁ^^
2008.01.10 18:13 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/515-6d9c0e0b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。