ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

タッチストーン  ~読みたい方のみどうぞ~^^

いやははは~♪あの最前列センターのお席はやっぱりライフファン専用席だったんでしょうか?
もうドキドキのワクワクのデレデレ(ゲキレンジャーか)でした!(*^^*)
だってねぇ、まぁ皆さんですけど目の前でお芝居が展開してるわけで。
もちろん山さんももうそこですよそこ!!

藤原さんはテンション高いご登場で、明るいキャラが立っていて受けてました。
いつもの舞台挨拶の時の藤原さんを思い出しましたよ~^^ <I love you~♪>
でもあのテンションの出ですし、一幕登場から二幕の大団円まで時間が有りますから自分を高めるのは大変だろうなぁと藤原さんのすごさを感じました。

山タッチストーンが出てくると場がスッコーンとした明るさに包まれます。すごく元気がでるんですよ。
貴族達に媚びつつ楽しませご機嫌を伺い、宮廷で生きるフール。
馬鹿と呼ばれながら面白おかしく音楽のように語られる言葉の数々は実は真実をついていて
あるいは人生訓であったり、社会の風刺であったりするんですね。
何度も「う~ん深い・・・(vv;)」と心の中で頷いてました。結局馬鹿では道化は出来ないわけですよ。
ロザリンドとシーリアが彼をつれて出奔した訳も分かるってもんです。
世事に長け真実をみる目が道化のタッチストーンにあることをちゃんとわかっていたんですよね。

「ハムレット」で魅せてくださった生き生きとした演技と流れるように勢いのある台詞と声のよさがここでも輝いてました。
キレのいい軽快な動きで舞台を飛び回ってはまり役でしたね~。
高いお鼻の先っぽを赤くしておどけたお顔がまたおかわいらしいんですよ。
あまり笑顔で演じられる役を拝見していないのでたくさんの笑顔があって今回はうれしかったですね。
衣装も袖のところが市松模様になっていてとてもおしゃれ、ちょっと見「魔笛」のパッパゲーノみたいですてきでした。
ほんとにのびのび水を得た魚のように生き生きと演じていらっしゃって楽しかったです。
このところ長台詞を聞くのが楽しみで癖になっちゃいましたね~^^

二幕はアーデンの森。
前の舞台の床いっぱいに木漏れ日が・・・ほのぼのうっとりいい照明でした~
そしてびっくりしたのが舞台奥、アレは本物の樹木ですよね。たくさんの背の高い樹が植え込まれて森がそこに存在してました。
森の奥から出入りもありますしその一角に坐って生の演奏もなされ奥域が感じられます。
森の中で自然と共にシンプルな生き方をする人々のいろんな姿や思考がすんなりとはいってきます。

大団円近く、それぞれの恋するものたちがそれぞれの立場の台詞を繰り返しながら思い人を追いかけるように舞台を回るのがまるで鬼ごっこみたいで。
最後の合同結婚式(?)の場面は本当に喜びに満ち溢れ幸せでした。顔が思わず微笑んでいるのが自分でも分かってね。
「いい話じゃないの~・・・」と自然につぶやいていたんですよね。(笑)
きっと素朴でまっすぐであるがままに生きる人たちの豊かさあたたかさに触れたからでしょう。

もうね、あまりのことに心臓が飛び出しそうだったのはね、一幕の途中でロザリンドとタッチストーンが舞台を降りて来て、舞台の様子を覗き見るシーンですっ!!!
なんと私たちのいる最前列と舞台の間ですよ、座り込んだの。(あわわわ~@0@;)
ああ~目の前に山さんがぁぁぁぁぁぁ~~~~~~♪手を伸ばせば触れちゃうんですよッ
いかんいかん!その背中を指でつんつんしたい衝動が・・・・ククク・・・と思った瞬間、
コロンと私の足元にひっくり返られたんですっ!!!
おもわずおおっっと小さく叫んじゃいましたゎ。ああ聞こえてませんように・・・(A^^;)
と思っていたら今度はお隣のところで突然振り返って坐っていたお友達の顔がつかんばかりにお顔を寄せてこられて・・・(●^v^●)
じっと見つめられたお友達ははあまりの恥ずかしさにそぉっと目線をずらしてましたが、もうね大サービスしてくださって、遠くから来たミモザ☆大喜びでしたんよ。
後の休憩時間もまだドキドキしてました。びっくりしたね~って!!!
本当に幸せな、久しぶりに心を開放して思いっきり楽しんだ良い舞台でした。
もう時間が経った今もあの世界を思い出しています。
スポンサーサイト

Comment

良かったですね~!
いやぁ~、ミモザ☆さん最高!!!
そんな素晴らしい時間を過ごされたんですね(興奮!)
もう、ミーハーと笑われようと構いません。
ファンって・・・、特に地方に住んでなかなか舞台を観れない者にとっては
それこそ夢の時間なんですよねv
それで一年ぐらいシアワセな気持ちでいられるんですから(笑)
あぁ、モモザ☆さんの嬉しそうなお顔が想像出来ますよ♪
「お裾分け」ありがとうございました!
2008.03.08 09:41 | URL | miyuki #- [edit]
よかったです~!
自分の好きな役者さんを近くで見られるって、生の舞台の醍醐味のひとつだと思います。
しかも自分の手が届くところまで近づくと・・・・。
とても楽しく観劇されたようで良かったです♪
私も思わずドキドキしちゃいました!
2008.03.08 11:23 | URL | だいじろう #- [edit]
ゼ~ハ~ッ
読んでいるだけで心臓がバクバクします。
鼻血がでそうです(笑)
もうね、ほんと!サービス席ですね。まさしくライファーさんの為の席ですよ。
つい最近、蜷川さん版の「お気に召すまま」のDVDを見たんですけど、それも凄くよくってね・・・。
でも、ミモザ☆さんのレポを読んでおりますと、負けず劣らず、こちらも凄く観たくなりました。
あぁ~、ほんと、ミモザ☆さん!いいものを観たのですね~。
なかなかのシアワセも味わったようですし~。うらやましゅうごさいますよ。

2008.03.08 11:30 | URL | ななみっち #qBpKbO02 [edit]
ドキドキ
いやー…あれはもう、本当にドキドキでしたよねぇ(笑)
今思い出しても、顔がにやけてしまいます。
ミモザ☆さんのおかげで、本当にいい思い出が出来ました~ホントにありがとうございます!!
私の中の「お気に召すまま」は、すっかり山崎タッチストーン色で染まってしまいましたよ。
2008.03.08 18:30 | URL | さおり #Lh8arD1g [edit]
ハイ~♪^^
>miyukiさん
ほんとに興奮の観劇でしたよ~^^
他のことでは「キャー」なんてことはないのですが
山崎さんだけは別ですからっ  がんばりますよ~(笑)
お芝居もよかったし満足です。

>だいじろうさん
その時にしかない大切な時間ですよね、生の舞台は。
役者さんの息遣い、台詞の間、沈黙に伝わる感情そんな一つ一つが
魅力なんですよね。
ほんとびっくり幸せでした。

>ななみっちさん
鼻血もんでしたよ~ほんっとに!
もう顔がへらへらしてたんじゃないかとちょっと恥ずかしいです。
舞台のほうも実力のある役者さんのたのしいお芝居をみることができたので
よかったです。
客演って結構いいです!!

>さおりさん
ごいっしょしていただいたおかげで二倍も三倍も楽しい観劇になりました。
おばちゃんの話も笑って聞いてくださって恐縮(^^;)
山崎さんにはもっともっと外に出て行って守備範囲の広い役者さんになって
いただきたいです。
2008.03.09 16:43 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
おひさしぶりです!
ミモザ☆さんお久しぶりです♪
楽しそうな観劇の様子が伝わってきましたv-10 ありがとうございます!
私も行きたかったのに行けなかったのでとても嬉しいです。
山崎さんをかぶりつきの最前列でご覧になられたようで、もはや眼福の極みですね。
レポを拝読した私までドキドキしました(笑)。次の夏夢でのご活躍も楽しみですねv-22

2008.03.12 21:31 | URL | tamayura #jrVoWkeQ [edit]
>tamayuraさん
コメントありがとうございます~^^
喜劇でめでたしめでたしで終わってしまう作品で軽く見られがちなんですけど、
なかなかな言葉がたくさんちりばめられていたと思います。
いや~思い出しても私もいまだにドキドキしてきますよ~。
忘れられない楽しい時間でした。

2008.03.13 02:36 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/541-6bdba656
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。