ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

美術展巡りしたいっ

八十八夜ももうすぐ・・・いい季節になりましたねぇ。
風が吹くと肌寒いけれど、若葉の色も美しくて好きな季節になりました。
平和通り100M道路沿いの大好きなミモザの花はまだみたいですがこちらはとうに満開を過ぎました。
陽気に誘われそろそろおでかけ虫がむずむず・・・(笑)
県美の『本願寺展』、三次の奥田元宋・小由女美術館にも開館以来一度もまだいってないし、
ふくやま美術館の開館20周年記念のコレクション展も行きたい。
ちょうどライフの『夏夢』大阪公演時期に神戸市立博物館では『ルーブル展』ですよ~^^
ちょっと距離があるけど公演が夜だしね~それまでに行って来れないかなぁ。
それにも増して歴史の大好きなミモザといたしましては5月から始まる奈良の文化遺産特別公開のイベントですよっ!!!
キトラ・高松塚・法隆寺の至宝が観られるんですもんね~♪修学旅行以来ですが行きたい行きたい~

ところでその昔美術の教科書か美術書で見た、ジョン・エヴァレット・ミレイの『オフィーリア』。
その画題と思わず見入ってしまう清冽な美しさに衝撃を受けたこの作品に会いたいとずっと思っていました。
山さんが『ハムレット』を演じられたこともあって、その舞台でオフィーリアの死を語る
ガートルード王妃の台詞を聞いてこの作品が脳裏に蘇ったわけです。
その作品にどこかの美術展で逢えるらしいんですがそれがどこだったか分からなくなって・・・(T0T)
どなたかご存知の方教えてぇ~
絵の中にはたくさんの花が描かれているんですね。
狂ったオフィーリアが歌いながら花輪を編んで小川の岸辺の柳の元に行くわけで、その花にはいろんな意味が象徴されているそうです。
ヤナギは見捨てられた愛、イラクサ(野いばら?)は苦悩、ヒナギクは無垢、パンジーは愛の虚しさ、首飾りのスミレは誠実・純潔・夭折、ケシの花は死。
王妃の台詞には『紫蘭』の花が出てきますし、私の好きなきんぽうげもあるらしい。
たくさんある「オフィーリア』の絵の中でも一番魅かれるこのミレイの絵にぜひ会いたいものです。
スポンサーサイト

Comment

オフィーリア
最近毎日、会社の行き帰りに、オフィーリアちゃんに出逢います。ポスターで…。
誰の何という絵かは知りませんでしたが、あの状況はオフィーリアでしかないですもんねー。
というわけで、検索してみたら。
北九州市立美術館で6/7~8/17まで開催のようです。ご参考までに→
http://kmma.jp/info/honkan/2008_06_Millais_pre/index.html
ちょっと行きにくい場所にありますが、山の上のステキなロケーションですので、是非いらしてみて下さいv




2008.04.27 17:19 | URL | カッツェ #.vjKhiP6 [edit]
>カッツェさん
情報ありがとうございます~^^
地元じゃなかったと思っていたのですが北九州でしたかぁ~
6月~8月なんですね。暑い時ですけど行ってみたいにゃぁ♪
そう、カッツェさんともずいぶんお会いしていないですもんねぇ。
またお話したいですね。
2008.04.28 00:27 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
おっ!?
美術館…といいますと、過去に大阪市立美術館へ「フェルメール展」を観に行ったことがありますが、平日にもかかわず凄い人手でクタクタになった記憶があります。でもそれだけ良いものを求める人がたくさんいるんだな、と思いますね。
しかし、奈良でそんなイベントがあるなんて知りませんでした!(←仕事ばかりしてるので…苦笑)
調べてみよぉっと。
奈良は今、緑が萌えてきて、いい季節になってきましたよ。

それにしても、気候がよくなると、みんな、出歩きたくなるものなんですね。
2008.04.29 15:57 | URL | ななみっち #qBpKbO02 [edit]
おお~^^
フェルメールですかぁ。『真珠の耳飾の少女」でしたっけ?
とても清らかな感じで、確か映画にもなりましたよね。
ちょっと有名だったりたくさんの人が押しかけるようだと斜に構えたり
腰が引けてしまうんですけど、もっとミーハーにならないと損かなと思い始めまして(笑)
最近いろいろ気を付けて新聞など見るようにしています。
実は橿原に親戚が住んでまして、義母方のおばあちゃんのお墓も比叡山にあるはず。
静かでゆったりとやさしいイメージが奈良にはあります。
2008.04.30 01:05 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
美術館
仕事がら、行ったほうがいい場所なんですが、なかなかいけないです・・・(苦笑)
でも現代美術館はかわった展示が多くて、比較的行きます。
今、行こうと目をつけているのも現代美術館で、柳宗理さんの展覧会があるので・・・。
工芸系なので、いすとかがあるらしいです。
彼の食器などが好きなので行ってみようかな、と・・・。
奥田元宋・小由女美術館にもぜひ一度は行ってみたいと思います。
2008.04.30 11:45 | URL | だいじろう #yrTdUdco [edit]
>だいじろうさん
あ~なるほど^^
結構雑食性のミモザ☆、何でも見るんですけど
いまだに現代美術館だけは行ったことがないんですよ。
柳さんの会はTVか新聞かで知りましたよ~^^
おもしろそうですね!!
こちらの美術館はよく絵本関係の展示や講演をしています。
それといい土が採れるので窯がたくさんあり、いい作家さんがいらっしゃるんですよ。
そういうのもいいですよね。
2008.05.01 01:11 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
まあ
そんな素敵なオフィーリアならぜひとも拝見したいですv-347 こちらにも来てくれないかな。
たくさんの花・・・と伺って、こちらのブログテンプレートのような感じを勝手に想像しています(笑)。
本当に外出するにも良い季節になりましたね。

2008.05.06 08:52 | URL | tamayura #jrVoWkeQ [edit]
>tamayuraさん
いろんな種類のお花という意味なんですよ~^^
ボッティチェりの『春』ほどではありませんけれどね。
よろしかったら↑のカッツェさんのコメントにあるリンクにいってみてくださぁ~い。
ハイ!緑も美しいですし、風もさわやかですよね。
2008.05.06 16:29 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/559-b593698c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。