ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

『アムールの虹』 ロシア・日本友好少年少女合唱団

地元で開催されたコンサートにいってきました。
ロシアからやってきたコムサモリスク・ナ・アムーレ第4中学校(日本の小学校~高校)の
模範合唱団の子供たち25名で編成されたロシア・日本友好少年少女合唱団です。
『天使の歌声』と呼ばれていまして、とても期待して会場に。
鳥肌立ちました!!!
透き通るように美しい声の優しい響。それが重なり膨らんで厚みを増していく。
まだ大人になりきらない声なのにとても磨かれています。
それぞれの音域のグループの声が一人の声に聞こえます。すごいことですよね。
それだからといって誰もがうまく歌おうとか言う色気は一切感じられないんです。
天から降りてくるようなまっすぐな透明感です。
無為而尊(むいにしてとおとし)という言葉がありますがこのことでしょうか。
道を極めようとするものすべてに通じるような気がします。
真摯に音楽や言葉に向かう姿がここにもありました。その一つ一つを大切にするから
また表現力が高まっていくのですね。
日本の言葉を載せるのは難しい様子ですが、それでも何曲も日本のポピュラーな曲を
ものにして歌ってくれました。
中でも「荒城の月』は素晴しかったです。背筋がゾクゾクしました。
今は荒れた城跡をただただ静かに照らす白い月の光、その栄枯盛衰の哀しみが思われて
胸をゆすぶられました。
けして滑らかな日本語ではないのに歌の心が深く理解されていたんですね。
もう感動して涙が出ました。ふと周りを見ると目頭をぬぐう姿がありましたから間違いなく
皆さんの心をも打ったんですよね。

本当に久しぶりにいいコンサートでした。
お客さんの顔を見れば分かります。柔らかな笑顔いっぱい、笑い語りさざめきながら
皆さん帰って行かれましたから。

スポンサーサイト

Comment

はじめまして。

「アムールの虹」で検索かけたら、こちらにヒットしました。
うちの父が関係者で、運営に携わっておりましたので、
こちらの感想をコピーして、送らせてもらいました。

こんな風に素敵な感想を書いて頂いて、娘の私も嬉しいです。

ありがとうございました。
2008.06.19 00:00 | URL | aiko #- [edit]
>aikoさま
ようこそいらっしゃいませ。
またコメントありがとうございました。
そうですか~お父様が・・・
本当に素晴しい歌声と伝統芸能を楽しませていただきました。
こんな拙い感想を取り上げていただきまして恐縮です。
今回の企画実現、合唱団の受け入れなど大変なお仕事だったでありましょう。
お疲れさまでした。
お父様はじめ皆様のご活躍お祈りいたします。
2008.06.19 03:37 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/585-d5c30d08