ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

会報来ました。

5日の金曜日には届きました。
つるつるの良い紙♪いつの間に綴じ本になったんでしたっけ。
写真もたっぷり入れてくださって記事もいろいろ、読み応えがありますね。
紙がいいからお写真も綺麗だしね~。
ただひとつ、最近のミモザ☆には辛い文字の小ささ・・・(笑)
家事が終わってからゆっくりじっくり時間かけて読みました。

笠原x曽世対談は興味深く読みました。
読んでいるうちに萩尾望都先生の世界観とか、『マージナル』の世界が
とてもよく分かったような・・・
役作りや作品理解を透過して咀嚼したものをいただいたって感じです。
『俺,面白の国からやって来てるから』っての笑いました。

『WHITE』も毎回それぞれ雰囲気が違うもんですね。
チームが100あれば100の『WHITE』があるのでしょう。
そしてその時その時の『WHITE』がある、そういう普遍性を持った
作品なのだと思います。

『寿尼参祭』の写真と小林さんのインタビュー記事は一緒に見るとなかなか・・・
高根さんの立ち位置がいかにも高根さんらしいというかね(笑)
今回高根さんのメッセージが入っていたのもびっくりしましたが。

なんといってもミモザ☆には『ココ行こうー鉄道博物館』の山X吉田ですよっ
もうね、山さんが出てくださるだけでラッキーなんですけどね。
いつも大サービスなんですよ~♪楽しませてくださるんです。
今回は可愛い吉田さんと一緒にとても楽しそうに案内してくださいました。
ほんとに山さん、チャーミンgooですわっ(●^v^●)

それにしても木製の内装の汽車、とぉ~~っても懐かしかったですよ。
小さい時思い出しました。(百年くらい生きてますからミモザ☆^^;)
広島にも『交通博物館』というのがあります。
きっと山さんいってみられてますよねぇ。
今回の役者手紙も元気いっぱいで、ほんとにいつもパワーをいただきます。
端っこの余白にまで書いてくださって、ワクワクしながら読んでいます。
☆ありがとう~☆\(^0^)/




スポンサーサイト

Comment

そうそう♪
思わず同感(笑)

ウチも会報届きました~(7日)
“高根さんの立ち位置”で大爆笑!!!
はい、私もそう思いました、高根さんらしいなぁ~と(笑)
色んな高根さんを見せて頂いた今回の「Jr3祭」でしたが
やっぱり“恥ずかしがりやさん”なんですよねv
そんな所もひっくるめて大好きなんですけど(盲目v)

それから山崎さんの行かれた「鉄道博物館」
先日行って来たばかりで懐かしかったですv
私にも馴染み深い汽車(電車じゃなくって)が一杯あって・・・
子供そっちのけで楽しんできました!
いいところでしたよ~v
2008.09.07 16:44 | URL | miyuki #- [edit]
>miyukiさん
『高根さんの立ち位置』ね(笑)
高根さんって、世界の三船や、高倉の健さんとかに
通じるもの感じます。
あ、そうか、miyukiさんもいって観られたんですねぇ。
きっといろんな思い出と共に観て回られたと思います。
アハ~そうそう、いつも自分が楽しんでしまうんですよ~
こちらでは『大和ミュージアム』とかそうでしたね。
子供たちは淡々と見て回ってるんですけど、
、こちらはいろんな思い入れがあるもんだから・・・
2008.09.08 02:07 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
会報・・・
実は今年の3月、色々と思う所があって更新をしなかった私・・・。
でも、こうしてミモザ☆ざんのblogで内容を教えて頂けるので嬉しいです♪
私の住む近くには航空博物館がありますが、
未だ行ったことがありません(汗)
博物館って楽しめる場所なんですね!
近いうちに行ってみようかなぁ?!
2008.09.10 18:49 | URL | 暁美 #hiiZJbic [edit]
>暁美さん
会報はFC会員のものだけに詳しい内容が書けないので
ほんと楽しみにしてくださってる方には申し訳ないんですよ。
でも少しでも雰囲気が伝わればと思います。
ホウホウ、航空博物館ですかっ?
せっかくお近くにあるんですものいってらっしょいませ。
なんでも自分が楽しめばいいんですよね。
こちらにもいろいろあるみたいなんですが
なかなか足を運べませんね。
どっちかというと歴史関係のほうが好きな私です。
2008.09.11 00:35 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/632-0b1e31c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。