ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

偶然聴いた♪

昨日の夕方、畑つくりに菜園に行く道すがらラジオをボ~ッと聴いてました。
その番組はゲストを呼んで話を聞くコーナーがあります。
んん~どなたかなとおもったら『kyouさん』という声が耳を掠めました。

そうなんです!ゲストは姜 暢雄さんでした。
『メイちゃんの執事』以来お声を聞いていなかったので\(^0^)/わ~♪
お話は例の『ウルルン滞在記』のことに・・・

スコッチウイスキー造りでしたね。あれ何年前でしたっけ?
ほんのちょっと手伝うくらいに思っていた姜さん、結局最初から終わりまで
やることになってずいぶん大変だったそうです。

40年もののスコッチウイスキーは100万円以上するそうですが
特別に飲ませてもらってあまりのコクの深さとうまさに涙した姜さん。
もう一杯所望したところ
『何を言ってるんだ!今飲んだのいくら分だと思っている』・・・と
叱られたと笑っていらっしゃいました。(●^^●)

ほんとうにいい経験とそこで出会った人たちとの思い出として
心の中に大切にされているようで
また会いたい、そして自分の仕込んだ樽も確かめたいと思い
(今はもう番組が終わってしまいましたが)ウルルンの再会編に
出してほしいとお願いしていたそうです。

ところがですよ。無理だ・・・と。
実はその後、醸造場の人たちがグループ買いした宝くじがなぁんと一等当選★
ヨーロッパの宝くじってもうね~金額が違うじゃないですかっ
結果、みんな仕事辞めてしまって、醸造場も閉めてしまったのだとか。
ゆえに姜さんの樽も存在しているかどうかも分からない・・・。
ええ~~~~~~~~っ
いやはやこんなこともあるのね。事実は小説よりも奇なり(A^^:)

久しぶりにお声を聞けた姜さん。
聞けば次回作の撮影中だとか。楽しみに待っておりますよ~^^
スポンサーサイト

Comment

お久しぶりです!
ちょっと この記事みて びっくりしました。
私はウイスキー好きなんで ほほーーんと みてましたけど オチが...。
なんか ショック。
醸造場の人たちの気持ちわかるけど 仕事はつづけろおおお~!!!
と思ってしまいました。
2009.05.27 12:54 | URL | ricky #- [edit]
>rickyさん
いらっしゃいませ~^^
そうなんですよ~ビックリでしたヨ。
こんなことがあるなんてね。
職人さんってこだわりがあって
いい物を作ることに生きがいを持っている
ものだと思いこんでましたから。
今彼らは幸せなんだろうか?
いらぬ心配ですが。
あ、ミモザ☆もウイスキー好きです!
どっちかというとバーボン好き。
今、住んでいるところが酒どころなんで
日本酒が主になってますけど。
2009.05.28 00:57 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。