ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

『LILIES』神戸公演 Fチーム

なんでしょうね、毎日観に行きたいというか、もし近場でロングランされたら
きっと毎日観に行くだろうなぁ・・・。
そんな気持ちにさせられた舞台です。
恐るべし『LILIES』!

再演の舞台が好きだったし、イメージがしっかり頭に刷り込まれているので
今回ゼロの状態でというわけにはいかないと思ってました。
でも不思議ですねぇ。
獄の扉がきしむ音がすると同時にリセットされていました。
まっさらな気持ちで舞台と向き合えましたね。
オリエンタル劇場はちょうどいいですね。
とてもタイトに作品に寄り添うことが出来るように思いました。

青木老ビロドーは第一声を聞くまでとても不安でした。
見た目はたぶん作り込めるわけですが声だけはその人の
持って生まれた個性だけに・・・
ああ~心配して損しちゃったよ~^^
第一声を聞いて「おお~~★!!」 
役者さんてスゴいですね。トーンを落としゆっくりとした台詞回しで
老いたビロドー司教を見せてくれました。
50代の男の人にしては少し老け過ぎかなと思いましたけど
修道の厳しさを想像させてよかったかも。
響きのいい声の石飛老シモンと対峙すると
あっという間に物語に入り込んでいく自分が居りました。

スポンサーサイト

Comment

お疲れ様でした^^
よかったぁ、無事に観劇できたのですね^^
わたしもキャスト発表されたときは、いろいろ言ってましたけど(^^; 観終わってみると、やっぱり大好きな作品だなぁと思いました。やはり戯曲そのものと演出に大きな力が秘められているのでしょうね。もちろん役者さんの力もありますが。
青木老ビロドーは、わたしも同じです。観るまでは、かなり心配しておりました(おこがましくも(^^;) でもあの第一声で吹き飛びましたね~
今回は奥田さんともお話ができたとか。
役者さんと直接接する機会はなかなかないから嬉しいですよね♪♪

いつかわたしもオリエンタル劇場で観劇してみたいです^^
2009.07.23 15:34 | URL | ふう #- [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.07.25 14:18 | | # [edit]
>ふうさま
はい!行って参りました。
いってよかったです~^^
青木さんの進歩は著しいですね。
何か吹っ切れたんでしょうか。
担当さまがでていようがいまいが全く関係なく
いつも楽しめて新鮮に感じることが出来る作品ですね。
毎回何か新しいものに出会う。
奥田さんは本当に話を外さず、お気遣いと優しさに溢れた方ですね。
ますます好きになりましたよ~^^
2009.07.31 00:51 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
Kさま
青木ビロドーとてもよかったですよ~
またワンステップ駆け上られたのではないでしょうか。
またひと年取って老ビロドーを演じられるのが楽しみです。
見ていただきたかったですよ^^
2009.07.31 01:09 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/761-c7379277