ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

「LILIES』神戸公演

で,Fチームはシモンとヴァリエ,Uチームは二人を取り巻く人々と愛だった
かといえば多大に新納さんの演技力と魅力がそこにあります。
シモンパパが『美しい子』といったのが納得の美しい新納シモン。
抜群のスタイルのよさ、個性的で自信に満ちた饒舌なりディアンヌ。
台詞も明確でこなれていて響がとてもいいので、
ずんずんこちら側に伝わってきましたね~
いつの間にか姿を追っているんですよね~(苦笑)
つまりは新納さんを中心に見てしまったということでしょうか・・・

いままでのシモンと少し違って気持ちの迷いはあっても
おどおどとした弱さは感じられない。
kissは嵐のようだったし好き好き光線は出てるし
愛想尽かしをしながら松本ヴァリエへの想いが溢れてました。
あ、劇中劇中劇での台詞の棒読みがらしくてよかったです^^

囚人に戻る時、見ているビロドーを意識し続けているところが好きでした。
自分が演じる老シモンの思いをしっかりと胸に刻んでいる感じで。
でもね~ラストにつながる大切な台詞『いやだ!絶対に』が弱かったような・・・
物足りないなと思っていましたが、人ってなんとも思わずにさらっと
いった言葉が思いがけず人を深く傷つけたりすることがあるからね。
そういう考えだったのかもしれませんね。

チケット情報局などで仰っていたこともあって、シャッフルメンバーのUチームの
りディアンヌから目が離せずにんまり一人してました~ミモザ☆。
演じたあといつも上段通路の左横スペースに帰るのですけど、
りディアンヌのまま椅子に美しく背筋を伸ばして坐り、
やれるもんならやってみなさいって感じで上から目線で見下ろしていて。
目は松本ヴァリエを追っているつんとした横顔がまたなかなか~^^

お互いに相手役をとられる(笑)村上さん
<以外に二人がよくあって(岩崎シモンX松本ヴァリエ)>たもので『いいじゃない!」と
嫉妬の炎がチラチラ・・・みたいなことを舞台挨拶でもいわれてました^^。

あれくらい濃いほうがいいですね、りディアンヌは。
あの華やかさと話し上手で社交界の寵児だったのだろうと想像ができます。
話題の真偽はどうだってかまわない虚飾の世界に遊んでいたわけだから。

そんなりディアンヌのたぶんはじめての純情が踏みにじられた時
プライドは打ち砕かれ、悪態をつき残酷な真実でもって打ちのめし
我を忘れて叫ぶんです。
『私は、今・・・』の台詞は怒りになかなかでてこない言葉を搾り出すようで
再演の藤原さんや甲斐さんのが好きだったデス
ははは~新納さん語りしちゃったよ~(A^^;)





スポンサーサイト

Comment

新納さん語り
新納さんは素敵でしたよね。
芝居も上手いし、フリートークも面白い。
「いやだ!絶対に」は弱いなって私も
ちょっと感じていました。
とても優しいシモンを演じていらしたので
コレもありかな~?とは思いますけど。


嫉妬の炎がチラチラの
Uチームも観たかったです。
その後の舞台挨拶も!
舞台の裏話って面白いですよねぇ
2009.08.02 18:10 | URL | きらきら星 #t50BOgd. [edit]
>きらきら星さん
今回は客演の方たちがおもしろく話してださって楽しかったですね。
何よりもそんなふうにLifeの舞台に喜びを感じていただけたのが嬉しいです。
新納さんは本当に細やかな感性を持っていらっしゃるんですね。
空気を感じてピッタリと寄り添ってこられます。
独特なLifeの世界でも全く浮いていなかったです。
2009.08.03 00:20 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/766-14b8269f