ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

いまさらな感想

林さん山本さんはさすがでしたね^^
うまいです!力強さと自信を感じました。
台詞のメリハリとかが絶妙で声量もレベルが違ってました~
舞台の空気感まで変わってきますね。
なんでしょうか、二人ともどこか人物に滑稽さが感じられましたが・・・
必死な人間ってどこか滑稽ではありますけどね。

ビロドーを演じるのはとてもしんどいだろうと思います。
だって人間の醜いところ弱いところずるいところをすべてみせる人物。
自分の中のそれを見つめなくちゃならないから。
林さんのビロドー。
きっちり30年後のビロドーに繋げる少年ビロドーでした。
こう演じられるだろうなと思ったとおりの芝居だったのが逆に残念で・・・

山本りディアンヌの息もつかせない流れるような台詞は
シェイクスピア劇のようで、抑揚は音楽のようでした。
華やかな社交界で美貌と財力と真偽織り交ぜた豊かな話力で
人々の中心にいたであろうことが想像できました。
ヴァリエを演じられてきた上でのりディアンヌはどうだったんでしょうね。
絶対感づいていたはずよね、シモンの気持ち。
きっと不安の中にいたと思うんですよ。
大人なりディアンヌでありながら愛に震える一人の女を感じました。

でもお二人の実力が勝れば勝るほど突出してしまいますね。
あ~なんか違う,Lifeの芝居じゃないなぁ・・・と生意気にも思ってしまった
ごめんなさぁ~い

劇中劇で演じた後、囚人に戻って控えに入る時の切り替えがシビアですよね。
全員がシモンの思いを胸に秘めててビロドーへの復讐心の
冷たい炎が垣間見える一瞬です。
そんな中ヴァリエは気持ち引きずらざるを得ないですね。
松本ヴァリエは泣きながら蔭にはいっても顔を上げず
しばらく戻れないみたいでした。
囚人としての演技かもしれないのですが、そんな松本ヴァリエを
心配そうに見つめて気にかけている村上さんがよかったなぁ。
村上さんは控えで座っている時もよく泣いていて、出番や移動の時
腕でぐいっと涙をふいて立ち上がるんです。
ご自分も他のチームでヴァリエを演じられていたのでお芝居を見ながら
深く響くものがおありだったのでしょうか。
そんな村上さんの感受性に魅かれました~^^
ああ、村上さんのヴァリエも観たかったです!

客演のお二人はとても真剣に役と語り、楽しんでLifeの舞台に
参加してくださったようで嬉しい限りです。
舞台挨拶でお互いの相手役がカップルになることへの嫉妬とか
新納りディアンヌのビンタに何十回も耐えた話とか面白いお話が聞けましたし
笑いを採りながらも充実感に満ちていらしたようにおみうけしました。
またいつかLifeの舞台でお会いできますように。

しかし、ラストは結局清算されないんですよね。
復讐の心でずっとビロドーのことを考え忘れ去ることが出来なかったシモン。
それがビロドーの意志であったことを知らされる残酷な事実。
それが逆にビロドーの愛であり復讐だったのだからね~。
これからの二人の心の地獄を思うと身震せざるを得ません。

再々演でありながらそれぞれの記憶も新しく消え去ることもなく
新鮮に次代の舞台が演じられ感じられる。
この作品の普遍性と深さを改めて識る観劇だったと思います。
素晴しい舞台をありがとうございました。
まだいろいろ記憶を起こしたいのですがこの辺で・・・
たわごと感想を終わります~m(_)m

それにしても『ブルボン』の語源が『泥』だったとは・・・
スポンサーサイト

Comment

本当に…
どんな気持ちでリディアンヌを演じられたのか、私も気になって仕方がなかったです。

>これからの二人の心の地獄を思うと身震せざるを得ません。
本当にそうですよね!!
何十年も謎のままであったことが、お互いにある意味神聖化していたというか、憎悪が沈静化していたのに。。彼らの苦しみは、これからだと思うと…恐ろしいですね^^;

ミモザ☆さんの感想を拝見して、頭の中でまた何度も舞台を観ているような感覚でした^^
考えれば考えるほど、終わりがないような舞台のように思い、こうして感想を読むたびに新しい発見の連続です。
本当に、素晴らしかったですね!今回の再演も!


ところで、腰のほうはいかがですか??
蒸し暑い日が続いて大変ですが、あまり無理なさらないでくださいね。
2009.08.07 22:36 | URL | さおり #Lh8arD1g [edit]
>さおりさん
勝手感想を最後まで読んでいただきありがとうございます。
考えてみるととても後味の悪いはずの作品なんですけど
なぜか満足していた不思議な舞台ですよねぇ。
また何年後かに新しい気持ちで出会えたらと思います。
山本さんの進化はLifeの枷を何ともせぬほど
大きいです。
今回本当にすごいと思いました。

あ~ほんとにご心配かけて申し訳ありません。
行事やお稽古などが立て続けにあってひびいたみたいです。
楽しみにしていた『リカ』を諦めるなんて思いもしませんで・・・
数日のうちにチケお送りしますのでよろしく!
2009.08.08 01:37 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/768-5175b3be