ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

観てきました「名古屋をどり」

ひゃぁぁ~夕べせっかく書いた記事を消しちまって
とうとうそのまま不貞寝してしまいました。
まァね、オダギリ出演の映画『ゆれる』を見ながら書いてたのが不味かった。
キーに指が触れちゃったらしい。もう~~~~!
せっかく久しぶりにUPしようと思ったのに~

第62回西川流名古屋をどり観てまいりました。
今年二世家元西川鯉三郎生誕百年ということで、
開幕には『名古屋をどりに歴史あり』と題して西川流の歴史が語られました。
写真や動画もたくさんあり、一緒にいったお弟子さんだけでなくミモザ☆にとっても
いいお勉強になりました。

お家元の演目は能の『隅田川』を基にした同じく『隅田川』。
はぐれて行方の知れないわが子を探し訪ねて隅田川の渡しにたどり着いた母親が
船頭の語りで子供の死を知り、次第に物狂いしていく様子がリアルに伝わり、
酷くてせつなさに涙が出ました。
能の演目でも好きなものなのでつい思い入れが強くて。
心情表現の深さにいつも家元にやられてしまいます。

一番の楽しみにしていた我がお師匠さま鯉右先生!!!
舞台を退かれてから本格的な一人踊りを拝見するのは久しぶりで
比類なき表現力と誠実で揺るぎない美しい踊りに酔いました~^^
美しい女形から打って変わって『紀州道成寺』では堂々と貫禄の高僧。
胸が高鳴りましたね~どうしたらあんな品格のある舞手になれるのか・・・
道は遠いです。

そしてそして舞踊劇ご出演の大沢 健さん
江戸川乱歩原作の『蔵の中』ではなんと振袖に長い黒髪の日本人形の役でした!
上背もあり体格のいいかたですが細身でいらして、目が可愛らしいお人形さん。
はじめ被り物をして手だけで表現するのですがその動きのまぁしなやかなこと。
しっかり腰を落として踊られていましてすごいなぁ・・・と見惚れましたよ。
精進されているんでしょう。ミモザ☆初心に戻らなくては!
夜の部の舞踊劇は時間の関係で見ることが出来なかったので
大沢さんの素敵な男役を見逃しました。残念!

それでもたくさんの普段見ることの出来ない先生方の踊りを見ることが出来て
幸せな一日でした。
目の保養、そしていい刺激を受けました。
自分を振り返る時間にもなったので長い道のりですがたまには立ち止まって
ブレをただしていこうと思います。
長い歴史と新進の気を大切に歩んできた西川の踊りに誇りを持ってね。




スポンサーサイト

Comment

日本舞踊
乱歩を題材にした作品もあるのですね。すごい!
歌舞伎でも舞踊作品は好きなのですが、フィーリングだけで見ているので
ミモザ☆さんのお話を伺うとその奥深さにうならされます。
踊りだけでなぜあんなに心情が伝わってくるのかいつも不思議に思うのですけど、
名手の方の踊りは素人目でも引きこまれる何かがありますよね。
そんな道を究めようとなさることだけでもすごいですわ、ミモザ☆さん(^^)
2009.09.22 00:04 | URL | tamayura #- [edit]
>tamayuraさん
いつも師匠の踊りを見るたびに溜息が出ます。
スッとその踊りの役に入り込んでいかれる凄さ。
心情表現も長年の精進の末に身についた踊りの技が
あってこそなのですよね。
西川の家元はご自分でも小説を書かれるだけあって
感性と創造・演出力に優れて、題材もあらゆるところから得て
新進の気に溢れた方。
さすがに江戸川乱歩と聴いた時はびっくりしました。
人形との恋は妖しくも悲しかったですよ。
2009.09.23 01:17 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.09.27 00:20 | | # [edit]
>rayさん
いろんな出会いがあるものですね。
好きな道を歩けるのは幸せなことだけど勇気が要ります。
ミモザ☆なんか家族やいろんな人に甘えてるし・・・(vv;)
素敵な先生だったのですね。
いや~残念ながらミモザ☆はお相撲さんです。
つい先日も先輩からダイエット命令が・・・・
2009.09.27 23:55 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/781-fec16f79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。