ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

遅ればせながら ゲキXシネ 『五右衛門ロック』

上映終了間近・・・というので焦って観にいってきました。

実は「一緒に観に行こうよね」と娘がチケットを買ってくれていたんです♪
いろいろ忙しかったのと娘のお休みとの兼ね合いで今日まで保留していて
もうダメかな~と半分諦めていたのですがやっと観に行けました。
さすがにこの時期になると観客も少なくて、4組くらいしかいなくてね~^^
何処でもお好きなところへ・・・状態でした(苦笑)

いや~いつもながら迫力の音声と画面展開でした。
最初はあまりの音量に胸がドキドキしてやばかったですよぉ。
血圧上がりそう・・・(笑)
でもいつしか舞台に入り込んでおもいっきり楽しんでましたね~♪
でもなんでみんなギャグに笑わないんだろね。ミモザ☆一人で笑ってました^^;

なんといっても理屈無しにおもしろいですね。そしてきっちり最後に人間を描く。
役者さんも場面展開など大変そうでしたが楽しんでやっていらっしゃったみたいで
それが伝わってくる舞台でした。
あの波の壁がくるくると舞台を巡り場面展開していくのはよかったな~
確かに運動会みたいでしたね~でもそれが迫力の波になって押し寄せてくる。
ワクワクして気持ちが高揚してくるんです。
役者さんもみんな魅力的で声量も実力も展開やロック演奏に負けてないのがすごい!

以前観劇した『血の婚礼』での森山未来さんの踊りと個性的な雰囲気に魅かれていたので
今回のご出演も楽しみでした。
屈折したせつない王子の役が嵌まって悲しげに歌う眼差しと横顔にやられました^^
キレのいいタップダンスや、立ち回りなどの動きも華麗で目を楽しませていただきました。
歌って踊って芝居も出来てね~魅力と力を感じました。
すごい努力が底辺にあるのだと思いますが・・・

一番素敵だったのは北大路欣也さんです。
もうその品格と存在感に頭をが~んとやられた感じ。さすが・・・
芝居も丁寧で台詞の一つ一つがまっすぐ伝わって滲みいってきます。
無駄なものが何もないです。
長い年月にも馴れ合わない真摯な清冽な心構えを感じました。
北大路さんを見れただけでも幸運だったかも。

なかなか興味は持っていても観に行くことが出来ない舞台。
舞台でははっきり見ることの出来ない役者さんの表情や小芝居もアップで見ることが出来て
大いに楽しみました。
これからも続けて企画・上映していただきたいものであります!
なんかもっと舞台を観に行きたくなっちゃったよぉ~
スポンサーサイト

Comment

正直お芝居を映像で観るのはどうなんだろう?と思ってたのですが、今回初めて新感線(蛮幽鬼)を観て、ゲキ×シネ観たーい!と思いました。
ロビーで(たぶんあれが五右衛門ロックだったと思うのですが)映像が流れてて、ちらっと観ただけなのに凄い迫力ありました! わたしも今度ぜひ観にいってみたいと思います!
「一緒に行こうよ」なんて、優しいお嬢さまですね^^
2009.10.10 14:30 | URL | ふう #- [edit]
はい、実は私も映像で見るって・・・?と思っていました。
あの会場での一体感と雰囲気はなんともいえませんからねぇ^^
でも映像は映像のよさがあります。
新感線の舞台は向いていると思いますよ~
いろんな角度から楽しめますから是非今度!
2009.10.10 16:40 | URL | ミモザ☆ #- [edit]
あ、ご覧になったんですね!
五右衛門ロックは去年の夏に大阪で観ましたが、
やっぱりすごく楽しかったですよ!
生は本当に楽しいので、ぜひいつか生で観にいかれることをおすすめします!
何度かゲキシネを一緒に観にいった友人が、ついに先日生新感線デビューをしました。
仕事で東京に行くついでにネットでチケット買って1人で行ってました。
すごく感動したみたいで、
こんな感じで、わざわざ舞台をみに行くことがなかった人まで、舞台に行くようにする魅力が、
ゲキシネにはあるのかもしれませんね。
2009.10.11 02:56 | URL | ray #- [edit]
>rayさん
あまりお芝居を見ない娘も唯一
新感線だけはおもしろいといいますからねぇ。
私はどちらかというとお芝居はストレートプレイが好きなのですが
なんだかすごく発散出来る舞台です。

2009.10.12 01:46 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/786-73b9644c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。