ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

よかった~!DVD

このところ毎日一回は観ています。担当さま堪能しております!
ミステリー&ホラーな作品にもかかわらずおもしろい・・・
なんて評価は間違ってましょうか?
DVDを創ってくださってほんとうに感謝です。

確かに映像になって舞台の迫力が少し削がれているのかもしれませんが
舞台を観ていないミモザ☆にとってはこれがお初なのでありまして
充分すぎるほどこの舞台の魅力が伝わっています。
複数のカメラの画像を駆使して人物の心理や表情を強調されてたりね。
こういうところは映像ならではですよね~^^
なにしろ、どアップで山さんの芝居を手の先までじっくりと観ることが出来るんですから♪
あはは・・・ミモザ☆もストーカーになりそう・・・(笑)

そうはいうものの今回観劇出来なかったことがほんとうに悔やまれる舞台。
もちろん山さんと甲斐さんのW主演という興味もありますが
こうしてDVDを鑑賞してみてますますそう思いましたね~
あの独特の雰囲気を持ったウエストエンドの空間。シンプルな舞台装置。
いってみれば会話劇ですよね。
舞台に何人もの人がいて関係性を演じるのではなく
本間と刑事や妻葉子などとの会話を通して本間の記憶をなぞっていく。
ときに時間は失速し、あるいは加速しながら記憶と現実が交錯して今が曖昧になって
不思議な世界が広がったはず。
次第に不安感は確実となり、重なることのないリカとの会話に息苦しさと恐怖が忍び寄る。
夢魔の見せる悪夢のような・・・その場にいてこそ感じるものは大きいですから。
スポンサーサイト

Comment

おお!
DVDご覧になられたんですね♪ 毎日1回はすごいです!
「リカ」作品として本当に面白いですよね。
生舞台ならではの迫力や、映像と舞台との視点の違いなどもありそうですが、
それでも山さんは変わらず素敵なんだろうな…と思います(^^)
生舞台では手の先までは拝見できなかったので(笑)映像でリプレイするのも楽しそうですね。
友人情報によると山さんは「十二夜」でもご活躍のようですよ。
2009.10.29 00:32 | URL | tamayura #- [edit]
>tamayuraさん
山さきさん素敵過ぎます!
んで、ワタクシ殿方の手が好きなんですよ。
違うとこで喜んでますけどね。
あ、聞きました!山崎フェステの評判いいですね!!!
歌声も聴きたいです。
2009.10.29 01:08 | URL | ミモザ☆ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/795-f0231ca4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。