ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

久しぶりの映画

何だかんだで結局『獄に咲く花先行上映期間にいけなくて

がっくりのミモザ☆です。

ともあれ4月からの全国公開を待つことになります。

で、リハビリにいった帰り、思いついて近くのシネコンに。

シャーロック・ホームズ』に間に合って観てきました。

俳優さんは好きな方なんですけど、巷のうわさにもれず

私のホームズのイメージと違っていて観るのを躊躇してました。

結論から言うとワクワクドキドキおもしろかった~

ジュード・ロウのワトソンはいうまでもなく男前のジェントルマンで適役

ロバート・ダウニー・jrのホームズはほんと新しいホームズでした!

アクティブでユーモアがあって結構武闘派で強いですよ。

洞察力と推理力、判断力の鋭さは同じ、破天荒だけれどなんか可愛い、憎めない。

こういうホームズもありだなと思いました。

二人は友情というよりもっと人間的な魅力や内面に惚れあってるって感じがして、

お互いが大切に思っていることが伝わるとてもいいコンビでした。

とくにホームズはワトソンさんを大好きみたいね


登場人物もそれぞれなかなかの適役でね~^^

みんな渋いわ~♪ 

ちょっと気になったのはブラックウッド卿につく内務大臣役の人。

パンフ買わなかったので分からないです~


力技って感じも無きにしも非ずですが全体にテンポが良くて

どんどん引き込まれます。

内容がカルト的ということもあるかもしれませんが。

ああ~眠くなったので続きは明日書きます~
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/856-ccab0751