ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

パンフレット

名古屋公演をご観劇の友達からトーマのパンフレットが届きました~

トーマの舞台を観に行けない私を思ってお声をかけてくださったんです

当分手に出来ないと思っていたので嬉しくて~ありがとうございました~

この表紙があの『ルネッサンスとヒューマニズム』なんですねぇ・・・

なんか喜びで手が震えるわ~

そしてトーマの詩が・・・すみませんね~いまさらな感想でしたね^^

ページを開くともう一気にトーマの世界に入り込んでしまいますね。

何度出会っても初めてのような新鮮な感覚が湧き上がってきます。

パンフだけでこうだから舞台を観たらどんなだったでしょう。

制服の皆さまの清々しさ。青木ユーリの黒い瞳が美しいです

『訪問者』の高根グスタフ、吉田ヘラ、荒木オスカー三人のページを見て、

観れなかったことがほんとうに残念な気持ちでいっぱいになりました

でもでもやっぱりミモザ☆には山さきシュヴァルツさん

やっとお会いできました素敵なプラチナブロンド、柔らかな微笑み・・・

ああ、お声が聞こえてくるようです~

嬉しかったのは仲原さんのコメントですね^^

シュヴァルツとエーリクの語り合う場面を選んでくださって、そのうえに

ミモザ☆の想いに近いものを感じまして・・・(嬉)

今も舞台を思い描きながらゆっくりとパンフを読んでいるところです。

早い時期に放送があるといいなぁ。待ち焦がれています。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/867-f42cd738
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。