ミモザの森のチェシャ猫館
好きなこと好きなだけミモザ☆の日々の想いを綴ります    

スリーメン イン 広島

あんなに役者さんが身近に感じられたのは初めてでね。

メンバーお一人お一人のお人柄の好さが伝わってくるんですよ。

このお芝居は演じてしまうといやらしくなってしまうんじゃないかな~

いや逆に何がおきるかわからない観客動員型、ハプニングにどう反応していくか・・・

たぶん心を開放して自由でなくてはならないんじゃないかと思いました。

参加者を受け入れる懐の深さもね~

もちろん登場人物の設定はあるんですよね。

でもこのお芝居は役者さんのほうから人物に近づいていくのではなくて

自分のほうに引き寄せていくような気がします。

船戸さんの力強いリーダーシップとあたたかさ

篠田さんの誠実さとしなやかさ

緒方さんのキレとメリハリ

神野さんのすなおさと心豊かさ

ドタバタ劇のように見えて素の部分や持ち味が垣間見える分リアルなんですね。

いつの間にか一人一人の人物に惹かれている。

裏をかえせば役者さん一人一人に魅入られてしまうってことになりますねぇ


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mimozanomori.blog47.fc2.com/tb.php/904-1a08d03a